7歳馬ストレイトガール、ヴィクトリアマイル連覇!

15日に東京競馬場で行われた第11回ヴィクトリアマイル。

逃げるレッドリヴェールを4コーナー手前でカフェブリリアントが交わし直線へ。先行していたスマートレイアーがカフェブリリアントを捕らえるかというところで、2頭の間を割って一気に突き抜けたのはストレイトガール。

keiba160515.jpg

ミッキークイーンとショウナンパンドラの人気2頭の必死の追い込みも届かず2馬身半差の快勝で7歳馬ストレイトガールがヴィクトリアマイルの連覇を達成した。

ゴール前では鞍上の戸崎騎手が後ろを振り返る余裕を見せていた。

私の本命馬スマートレイアーは先行馬の中では粘りを見せて4着に入った。


レース後のコメント。

1着 ストレイトガール(戸崎圭太騎手)
「手応えが抜群で、いい感じで直線に向きました。前回はこの馬らしいレースが出来ませんでしたが、一回叩いて変わってきていました。よく頑張ってくれて、頭が下がる思いです。この先もまだまだ活躍できると思います」

2着 ミッキークイーン(浜中俊騎手)
「スタートして2ハロンまでのポジション取りにも対応してくれました。勝ち馬の後ろにつけられましたが、マイラーの勝ち馬とはギアの変わり方が違いました。勝ちたかったのですが残念です」

3着 ショウナンパンドラ(池添謙一騎手)
「ゲートの中でソワソワしていて、上に伸び上がるようにゲートを出てしまいました。押してポジションを取りに行かなくてはなりませんでしたし、ミッキークイーンに内に入られてしまって、外を回らざるを得なくなってしまいました。最後は底力で来てくれました。状態は良かったし、力を見せてくれました」


(引用元:http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_8830.html)

7歳以上の牝馬がJRAのG1を勝つのは史上初だとか。私は内枠のフジキセキを好んで買うのですが、外枠でもちゃんと来ました。外枠とはいえ、戸崎騎手は馬群でじっと脚をため直線も内を突いて伸びていたので、フジキセキ産駒得意のイン差しとなりました。


予想と結果
1着 ストレイトガール(7番人気)
2着▲ミッキークイーン(1番人気)
3着◯ショウナンパンドラ(2番人気)
4着◎スマートレイアー(3番人気)
5着×ルージュバック(4番人気)

8着△クイーンズリング(5番人気)
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する