シーザリオの仔リオンディーズが朝日杯FSを制する!

武豊騎手のJRA平地G1完全制覇なるか。

武豊ファンのみならず多くの競馬ファンの期待と注目を集めた今年の朝日杯フューチュリティステークス。

武騎手とエアスピネルはスタートでポンとゲートを飛び出すと、道中は中団に控えてじっくりと脚をため、直線を向いてからは鞭を入れずとも前を行く馬にスッと並びかける余裕すら見せていました。

しかし、満を持して追い出したエアスピネルの後方から一頭だけ違う脚色で迫ってくる馬が…

151220_1.jpg

ゴール前で武豊騎手の偉業達成を阻んだのは、デムーロ騎手とリオンディーズ。

予想記事で「押さえは良血馬×リオンディーズ。馬、鞍上とも一番怖い存在」と書いたが、まさにその通りの結果となってしまいました。

武豊騎手の騎乗は文句のない完璧な騎乗だったと思う。3着以下を大きく離していることから分かるようにエアスピネルは強い。しかし、今回は勝ったリオンディーズがもっと強かった。武豊騎手のファンとしては、リオンディーズさえいなければと思わずにはいられない。


151220_2.jpg

ゴール後、何か言葉を交わしていた様子の武豊騎手とデムーロ騎手。

着差は3/4馬身差だけど、今回は惜敗というより完全に力負けの完敗だったように思う。おそらく武騎手もそう思っていたのではないでしょうか。ゴール後の穏やかな表情がそれを物語っているように感じました。



レース後のコメント。

1着 リオンディーズ(M.デムーロ騎手)
「とにかくいい馬で、パワー豊かな馬です。トビが大きく、スピードもあります。2000mの新馬戦に乗った岩田騎手からはとても強い馬と聞いていました。直線で外に出したらいい脚でしたが、武豊騎手の馬が前にいましたから、少しヒヤヒヤしました。とにかく先々が楽しみです。かからないので2000mは大丈夫。2400mは......がんばります(笑)」

(角居勝彦調教師)
「嬉しいです。びっくりしています。勝手に前向きに走る馬なので、できるだけなだめるようにとジョッキーには言いました。ジョッキーも返し馬で感触をつかんでいただろうと思います。2戦目なので、変なクセがつかなければいいと思っていましたが、しっかり乗ってくれました。たくさん競馬をしてきた馬との戦いなので、どれだけ伸びるのかと見ていました。直線では交わせるかわかりませんでしたが、ミルコの名前を叫んでいました。お母さんからは前向きで、高い能力を受け継いでいます。今後は放牧に出して、馬の様子を見ながら考えたいと思います。母も兄もたくさんの方に応援してもらいました。この馬もこんなに早くタイトルをとるとは思いませんでした。乗り役の言うことをよくきく馬になってほしいです」

2着 エアスピネル(武豊騎手)
「いい競馬ができました。3戦目でいちばんいい走りができました。しかし、勝った馬が強すぎました。今日は完敗です。ここまでお母さん(エアメサイア)に似なくてもいいのですが......。来年はクラシックで楽しみだと思います」


(引用元:http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_7692.html)




151220_3.jpg

武騎手の「ここまでお母さん(エアメサイア)に似なくてもいいのですが......。」というコメントは、エアメサイアが勝ったかと思ったところを外からやって来たシーザリオに差され2着に敗れた2005年の第66回オークスを指しているのでしょう。

しかし、まだ2歳馬。今回は完敗だったけれど、これから力を付けてクラシックでリベンジを果たすのも不可能ではないはず。


20151219_05.jpg

抜けている朝日杯を勝つのは、来年以降の楽しみに取っておくことにします。


×リオンディーズと◎エアスピネルで決まったもののエアスピネルからの馬単流しだったため馬券は外れてしまいました。

無印ですが、ジャンポケ産駒好きとしてはシャドウアプローチの3着は嬉しい。


予想と結果
1着×リオンディーズ(2番人気)
2着◎エアスピネル(1番人気)
3着 シャドウアプローチ(11番人気)
4着 ユウチェンジ(10番人気)
5着 シュウジ(3番人気)

9着◯イモータル(5番人気)
11着▲ボールライトニング(4番人気)
14着△ショウナンライズ(6番人気)
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する