6番人気マリアライト、エリザベス女王杯を制する!

15日に京都競馬場で行われた第40回エリザベス女王杯。

レースはウインリバティが逃げ縦長の展開に。直線に入ってもセイフティーリードを保ったままに見えたウインリバティだったが、残り200mを過ぎたところで馬群に飲み込まれてしまった。

keiba151115_1.jpg

ゴール前の接戦を制したのは4歳馬マリアライト。外から猛追したヌーヴォレコルトは首差届かず昨年同様2着。

私の本命馬タッチングスピーチはヌーヴォレコルトにハナ差及ばず3着。馬連で◎タッチングスピーチから流して×マリアライトとの組み合わせも買っていたので1着よりもむしろ2着争いに熱くなってしまいましたが残念でした。


keiba151115_2.jpg

勝った蛯名騎手はゴール板を過ぎてガッツポーズ。

しかし、蛯名騎手の馬上で踊るような追い方はあまり好きではないです。以前はあそこまでではなかったように思うのですが(´・_・`)


レース後のコメント。

1着 マリアライト(蛯名正義騎手)
「この馬向きの馬場になっていましたし、馬体もシェイプアップして、いい状態でしたから思い切って行きました。最後は外から他馬が来ていましたから、何とかしのいでくれと思っていましたが、よくがんばってくれました。体もよく、乗りやすいのがいちばんのよさです。これまであまりレースを使っていませんし、これからもっとよくなると思います」

(久保田貴士調教師)
「ただただ嬉しいです。このレースを目標に馬を作ってきましたし、いい体だなと思っていました。レースに関しては蛯名騎手にお任せしていましたが、あまりにスムーズに運べていた上に、4コーナーをすごくいい形で回ってきたので力が入りましたね。最後は何とか我慢してくれと思いました。今まで勝たせてあげられなかった馬たちもたくさんいましたが、それも含めて糧となって、今日のGI勝ちにつながってくれたと思います。これからも精進してがんばります」

2着 ヌーヴォレコルト(斎藤誠調教師)
「いつもと違う競馬で、今日はのびのびと走っていました。いい競馬だったとは思いますけどね」

3着 タッチングスピーチ(C.ルメール騎手)
「今日は本当のタッチングスピーチを見られた気がして、嬉しいです。最後の100mは本当に素晴らしい脚を使ってくれて、力を証明できました。ただ、4コーナーから直線に至るまで加速に時間がかかった分、届きませんでした。この馬は素晴らしく、今後GIを勝てる能力を秘めています。そのときを楽しみに待ちたいと思います」


(引用元:http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_7362.html)


予想と結果
1着×マリアライト(6番人気)
2着△ヌーヴォレコルト(1番人気)
3着◎タッチングスピーチ(4番人気)
4着 ルージュバック(3番人気)
5着▲スマートレイアー(8番人気)

11着◯ラキシス(2番人気)


予想(→【競馬予想】第40回エリザベス女王杯)で印を打った5頭のうち4頭が掲示板に載ったので悪い予想ではなかったのかなと思いますが馬券が外れては意味が無いですね。
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する