エアスピネル、武豊騎手を背にデイリー杯2歳S圧勝!

14日に京都競馬場で行われた第50回デイリー杯2歳ステークス。

1番人気に推されたのは無傷の3連勝中だったシュウジ。そのシュウジは、ゲートを飛び出すとスピードに乗って一気にハナに立った。行きたがる様子を見せるシュウジを鞍上の岩田騎手も抑えきれないようだった。

一方、2番人気のエアスピネルは道中は中団に控えていたが4コーナーで先団に取り付くと、直線で逃げるシュウジを射程圏内に捕らえた。

keiba151114_1.jpg

外からやって来た武豊騎手とエアスピネルが視界に入ったのか、岩田騎手が一瞬チラッと外を見たように見えた。


keiba151114_2.jpg

叩き合いになるのかと思いきや、エアスピネルはシュウジを並ぶ間もなく抜き去ると3馬身半差をつけて圧勝した。


keiba151114_3.jpg

エアスピネルの母エアメサイアの主戦も務めた武豊騎手。武豊騎手にはエアの勝負服がよく似合う。いや、武豊騎手にはどんな勝負服も似合うけど。


レース後のコメント。

1着 エアスピネル(武豊騎手)
「調教の時から期待していました。でも、今日はレース前から気負っていたので心配しましたが、レースそのものは上手でした。外々を早めに動くレースになって心配しましたが、この馬なら大丈夫と思っていました。直線もまっすぐ走っていましたし、ポテンシャルの高さを感じます。この後が楽しみな馬です」

(笹田和秀調教師)
「シュウジがレースを引っ張ってくれて、この馬としては楽になりました。能力の高い馬、今日は道悪もクリアしてくれました。この後は朝日杯FSを目指します」


(引用元:http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_7347.html)


笹田調教師が次走は朝日杯FSを目指すとコメントしていますが、レース後の勝利ジョッキーインタビューで武豊騎手が「僕が朝日杯下手なジョッキーなんで乗せてもらえるかどうかが問題です(笑)」と冗談まじりに話していました。

もちろん、乗せてもらえると思っています。武豊騎手がJRAの平地G1で唯一制覇していないレース、朝日杯FSをエアメサイアの仔エアスピネルで制覇して欲しい!

エアスピネル、POGで指名すればよかった(笑)
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する