『シービスケット あるアメリカ競走馬の伝説』ローラ・ヒレンブランド

$My Sweet KEIBA

シービスケットの耳がピンと立つ。ウルフは手を小さく動かし、この先騎手たちが数十年にわたって口にすることになるフレーズを叫んだ。
「さらばだ、チャーリー」



この本を読んで、シービスケットとウォーアドミラルという二頭の競走馬によるマッチレースが、実際に行われたということに何より驚きを覚えました。

映画にもなった本ですが、残念ながら今は絶版のようです。
私の手元にあるのは文庫本。560ページにも及ぶ長編です。
シービスケットやレッド・ポラード騎手、ウォーアドミラルとのマッチレースの時の写真なども何点か掲載されています。

シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説 (ヴィレッジブックス)シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説 (ヴィレッジブックス)
ローラ ヒレンブランド,Laura Hillenbrand,奥田 祐士

ソニーマガジンズ
売り上げランキング : 511793

Amazonで詳しく見る


ちなみに私は先に映画を観てから原作を読みました。

シービスケット プレミアム・エディション [DVD]シービスケット プレミアム・エディション [DVD]
トビー・マグワイア,ジェフ・ブリッジス,クリス・クーパー,エリザベス・バンクス,ウィリアム・H・メイシー,ゲイリー・ロス,ローラ・ヒレンブランド

ポニーキャニオン
売り上げランキング : 8056

Amazonで詳しく見る


映画でシービスケットの主戦騎手を演じたのは、スパイダーマンでおなじみのトビー・マグワイア。

そして、下の動画がシービスケットとウォーアドミラルのマッチレースの映像のようです。


Seabiscuit vs. War Admiral - 1938 Match Race (Pimlico Special)

こういう事を本気でやっちゃうのがアメリカって感じですよね。もし、今日本で二頭のマッチレースが実現するとしたら、どの馬の対決が見たいかなぁ。
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する