【POG 2015-2016】ジュンキンカメ / オデュッセウス / サトノダイヤモンド

サラブレPOGのネット応募の締め切りが6月18日(木)15:00まで(その後またアンケートハガキを出さないといけないけど)なので、本当にそろそろ指名馬5頭を決めなければならない。

サラブレPOGの場合はすべて異なる種牡馬の産駒を選ばなければならないから当然ディープインパクト産駒も1頭しか選べない。


それで、今サラブレ6月号特別付録2歳馬BOOKで関係者が気になるコメントをしている馬をチェックしているところなのです。


ジュンキンカメ
父キングカメハメハ 母マイスウィートベイビー 母父Minardi

「小さくて苦労したが、ここ1ヵ月でガラッと変わった。初子なのでこれからどれくらい成長するか観察中。デビューは秋くらいかな。背中はムチャクチャ良く、操縦性が高い。終いにビュッと行かせるとハンパない。これは走ると思う。個人的には一押しだね」



終いにビュッと行かせるとハンパない。これは走ると思う。個人的には一押しだね


ベタ褒め。



オデュッセウス
父ファルブラヴ 母ライツェント 母父スペシャルウィーク

「これはPOG向け。4月末くらいには入厩しているはず。函館デビューの予定で、動きは現時点では文句なし。気性も前向きで、1頭でもガンガン行くけど、うるさいというわけじゃない。ここまで動きも成長も理想通りに進んでいる」



これはPOG向け


あえて早くから活躍しそうなPOG向きの馬を指名するべきか、それともクラシックを勝てそうな馬に絞るべきかが悩みどころ。



サトノダイヤモンド
父ディープインパクト 母マルペンサ 母父Orpen

母はアルゼンチンG12勝。「ノーザンF全体でもトップクラス。ちょっと特別な馬だと思う。まだ体が成長途上で出来上がっていないので、成長を待っているところ。目標はあくまでも秋なので、じっくりとやっていきたい。期待していいと思いますよ」



ノーザンF全体でもトップクラス。ちょっと特別な馬だと思う。


ちなみにこうコメントしているのはノーザンファーム空港牧場の調教主任。

やはり一番頭を悩ませるのはディープ産駒の選択。関係者のコメントもいい内容が多いだけに迷ってしまう。
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する