本命モーリスが安田記念を制して馬連的中!

第65回安田記念を制したのは、1番人気のモーリス。

yasuda150607.jpg

モーリスはスクリーンヒーロー産駒。スクリーンヒーロー産駒のG1制覇はこれが初めて。

川田騎手のコメントによると、どうやらスタートが良かったのでそのまま好位からの競馬に徹したようですが、結果的にはそれが良かったのでは。

というのも、ゴール前で首差まで詰め寄ったヴァンセンヌは上がり最速33.7秒の脚を使っているのですが、モーリスも切れる脚は使えるもののスクリーンヒーロー産駒のモーリスとディープインパクト産駒のヴァンセンヌが末脚の切れ味勝負をしていたら、果たしてどちらに軍配が上がっていたか。


予想記事(【競馬予想】第65回安田記念)から私がモーリスを本命にした理由。

安田記念の本命は◎モーリス。どうもまだまだ直線は内が伸びそうな感じなので本命は内枠の馬、さらにマイル以上でも実績がある馬ということで人気になりそうだけどモーリスに。ロベルト系のスクリーンヒーロー産駒だし、G1特有の厳しい流れになればガツンとハマって突き抜けそう。



基本的に穴党なので、人気馬、特に1番人気の馬を本命にしたくないのですが、今回は人気でもモーリスと決めて本命にして良かった。

1番人気と3番人気の堅い決着だったわりに馬連1,740円とそこそこつきました。


尚、モーリスを管理する堀宣行厩舎はドゥラメンテのダービー制覇に続き2週連続のG1制覇となりました。


上位3頭と私が予想で印を打った馬についてのレース後のコメント。

1着 モーリス(川田騎手)
「ゲートの中はいい体勢ではありませんでしたが、ゲートを出てくれたので、あとはリズムだけと思っていました。少し行きたがっていましたが、よく我慢してくれました。本当にスムースで、直線ではケイアイエレガントが頑張ってくれていたので、いいタイミングで抜け出せました。楽に勝てるかと思いましたが、ヴァンセンヌが来ていたので、あとは何とか凌いでくれと追うばかりでした。久々に騎乗しましたが、たくましく成長していて、今日は強気に乗ることが出来ました」

2着 ヴァンセンヌ(福永騎手)
「あそこまで行ったら勝ちたかったです。最後はいけると思ったのですが、もうひと伸びされてしまいました。この馬も頑張ってくれています」

(松永幹夫調教師)
「よく伸びてきましたね。直線で少し詰まりましたが、その分、脚がたまったとも言えますし、うまく立ち回っていると思います。この後はリフレッシュに出して秋に備えます。秋は、天皇賞も含めて路線を考えたいと思います」

3着 クラレント(田辺騎手)
「スローペースが向きました。道中で脚を使うこともなかったですし、左回りの方がいいのでしょう」

7着 カレンブラックヒル(武豊騎手)
「スタートが良くなかったので、切り替えて、やってみたいレースの1つをしました」

13着 サトノギャラント(柴山騎手)
「もうちょっと怒らせたかったのですが...」

16着 ダイワマッジョーレ(M・デムーロ騎手)
「今日もスタートで遅れました。見えない疲れがあったのかもしれません」


(引用元:http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_6154.html)


レース後のコメントって面白いですよね。柴山騎手の「もうちょっと怒らせたかったのですが...」とかいいな。笑


予想と結果
1着◎モーリス(1番人気)
2着▲ヴァンセンヌ(3番人気)
3着 クラレント(12番人気)
4着 フィエロ(2番人気)
5着 ケイアイエレガント(11番人気)

7着△カレンブラックヒル(9番人気)
13着×サトノギャラント(14番人気)
16着◯ダイワマッジョーレ(8番人気)
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する