第66回阪神JFを制したのはディープ産駒ショウナンアデラ!

第66回阪神ジュベナイルフィリーズを制したのは出走馬の中で唯一のディープインパクト産駒ショウナンアデラでした。

hanshinjf2014_2.jpg

上がり最速の34.0秒の脚を使って差し切ったショウナンアデラ。スパッと切れる末脚はまさにディープ産駒。

私の本命馬ダノングラシアスは直線に入ったところではショウナンアデラと同じような位置にいたのですが、追われても伸びず13着に終わりました。

勝ち馬ショウナンアデラの蛯名騎手、1番人気で8着に敗れたロカの和田騎手のレース後のコメント(ラジオNIKKEI 競馬実況Web:http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_4904.html)。

1着 ショウナンアデラ 蛯名正義騎手
「スタートはあまりよくありませんでしたが、切り替えてジッとしていました。一度は控える競馬をしてみたいと思っていましたし、最後は本当にいい脚でした。新しい面を見せてくれましたし、収穫も大きかったですね。はじめて馬群に入って少しモタつきましたが、2着馬が前にいたのでうまくついて上がって行けました。直線で外に出したときには間に合うかな、と思いました。来年もいい競馬ができるようにまたがんばりたいです」

8着 ロカ 和田竜二騎手
「ゲートをくぐったときにゲートを切られてしまいました。キャリアの浅さが出てしまいました」



和田騎手もキャリアの浅さが出たとコメントしていますが、1戦1勝で最内枠に入ったロカはいかにもあやしい人気馬といった感じだったので私は印を打ちませんでした。

hanshinjf2014_1.jpg

スタートでこれだけ遅れをとってしまっては…。


しかし、ショウナンアデラを本命に出来なかった自分のセンスの無さ(´;ω;`)ウッ…

枠順確定時にはショウナンアデラが気になっていたのに。

18頭の出走馬にディープインパクト産駒は8枠16番のショウナンアデラのみ。今年はなかなか多彩な種牡馬の産駒が揃っています。

阪神JFでショウナンの馬といえば2004年の勝ち馬ショウナンパントル。確か軸ではなくヒモだったけれど馬券が当たった良い思い出があります。



前日に予想記事を書いた後にツイッターでも未練がましくつぶやいていたのに。



出走馬唯一のディープ産駒っていう理由だけで本命にするぐらいで良かったのかも。


予想と結果
1着 ショウナンアデラ(5番人気)
2着▲レッツゴードンキ(2番人気)
3着×ココロノアイ(4番人気)
4着 ムーンエクスプレス(12番人気)
5着 アルマオンディーナ(11番人気)

7着△レオパルディナ(7番人気)
10着◯コートシャルマン(3番人気)
13着◎ダノングラシアス(6番人気)
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する