エリ女的中!ロードユアソング新馬勝ち!

京都競馬場で行われた第39回エリザベス女王杯を制したのは昨年の2着馬ラキシス。私の本命馬でもありました。

ラキシスが勝ったおかげで馬券を的中させることは出来ました。ただ、ラキシスが直線早めに先頭に立って押し切るという私の読みとは違い、その作戦を取ったのは2着に敗れたヌーヴォレコルトでした。

ラジオNIKKEIの競馬実況web(http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_4671.html)Iから1〜3着馬の騎手のレース後のコメント。

1着 ラキシス(川田騎手)
「スタートはあまり良くなかったのですが、リズム良く運べて、1~2コーナーでちょうどいいところに収まることが出来ました。最後もしっかり伸びて、よく前を捉えてくれました。この1年はなかなか重賞にも手が届かず苦しい1年でしたが、やっといい頃に状態が戻ってくれて、大事なところで結果を出せて嬉しいです」

2着 ヌーヴォレコルト(岩田騎手)
「スタートも良く、いい位置を取れました。前半、少し力みましたが、向正面では落ち着きました。早めのスパートから押し切る作戦でしたし、勝ったと思ったのですが...」

3着 ディアデラマドレ(藤岡康騎手)
「去年より落ち着いていましたし、仕掛けをもうワンテンポ待ちたかったのですが、しっかり脚を使ってくれました。雰囲気も仕上がりも良かっただけに残念です」



ヌーヴォレコルトの岩田騎手は追い込んで届かなかった秋華賞の敗戦を踏まえた上での作戦だったのではないでしょうか。あのまま押し切るかと思いましたが、内で脚をためたラキシスが最後はよく伸びました。

ただ、川田騎手のあの馬上で立ち上がらんばかりの荒っぽい追いっぷりはどうも好きになれませんが。

予想結果は1着◎ラキシス、2着△ヌーヴォレコルト、3着◯ディアデラマドレとなり、馬連、馬単、3連複が的中。

予想記事はコチラ→【競馬予想】第39回エリザベス女王杯


さて、東京5Rの新馬戦にはnetkeibaPOGの指名馬ロードユアソングが出走しました。

ロードユアソングはディープインパクト×レディバラードの牡馬。全兄にダノンバラード。ちなみにダノンバラードはかつての指名馬です。管理厩舎は池江泰寿厩舎。

1411116tokyo5r.jpg

デビュー戦の鞍上にはムーア騎手。逃げるマイネルデアデビルの2番手に付けてそのまま直線へ。満を持して追い出しマイネルデアデビルを抜き去るとそのまま先頭でゴール。実に危なげのないレースでした。

まずは1勝ということで、今後馬群で揉まれるようなレースも経験してどんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

これがnetkeibaPOG指名馬初デビュー。まだ全10頭指名しきれていないのですが、焦らずこれだと思う馬を選びたいです。
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する