武豊騎手、G1・100勝!

先週行われたG1レースのマイルチャンピオンシップをトーセンラーで制した武豊騎手。そのマイルCSが武豊騎手にとって国内外合わせて通算100勝目となるG1勝利でした。

milecs2013.jpg

トーセンラーは終始余裕の手応えのように見えましたが、直線の脚はすごかったですね。他馬が止まって見えました。

マイルCSといえば、昨年までは武豊騎手が勝っていないG1レースの一つでしたが、昨年サダムパテックで初制覇したと思ったら、勝てなかったのが嘘のようにあっさり連覇。このあたりが武豊騎手らしいような気がします。

私はマイルCSの予想も出来ず馬券も買えなかったのですが、トーセンラーを本命にはしなかったと思います。トーセンラーには善戦マンのイメージがあり、良くて2〜3着だろうと考えていたので。


それにしても、G1・100勝ですか。改めてすごい数字ですね。

武豊騎手のG1レース100勝のうち、私のマイベストレースを10レース(順不同)選ぶとしたら、オグリキャップの有馬記念、エアグルーヴの天皇賞(秋)、スペシャルウィークのダービーとジャパンカップ、アドマイヤベガのダービー、トゥザヴィクトリーのエリザベス女王杯、タニノギムレットのダービー、ディープインパクトのダービー、ウオッカの天皇賞(秋)、キズナのダービー…でしょうか。

これらのレースのうちオグリキャップに関してはリアルタイムで観てはいないのですが何度見ても鳥肌もののレース。ダービーは何度勝っていても特別なレースだと思います。中でも初制覇となったスペシャルウィークのダービーは、武豊騎手には珍しくゴール後に何度も噛み締めるようにガッツポーズをしていたのが強く印象に残っています。


武豊騎手のG1・100勝に対する祝福のコメントとしてスポニチに内田博幸騎手の次のようなコメントがありました。

内田博幸 絵になる男です。あの人の背中を追って、少しでも近づきたいと思って頑張ってきた。JRA代表としてメディアに積極的に対応し、先陣を切って競馬界の発展を支えてきた人。本当に凄い記録です。



内田騎手もスマートなコメントをする騎手ですが、武豊騎手ほどメディアに対してスマートで紳士な対応やコメントをする騎手は他にはいないのではないでしょうか。武豊騎手のおかげで競馬に対するイメージが変わったと言っても過言ではないはず。

ファンとしては今後も101勝、102勝と自身の記録を塗り替えていって欲しいです。
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する