【レース回顧】第52回京成杯&第59回日経新春杯

京成杯を勝ったのは、ディープインパクト産駒のベストディール。平均ペースで流れたレースをハナに立って引っ張ったのは、レッドシャンクス。好位追走していた1番人気のアドマイヤブルーが直線でレッドシャンクスを交わして先頭に立つも、外から鋭い末脚で追い込んできたベストディールにあっさり交わされてしまいました。
さらに大外からマイネルロブストがベストディールを強襲するも半馬身及ばず2着まで。

マイネルロブストには切れるイメージが無かったので、もう少し前で競馬をすると思っていたのですが、私の予想よりもかなり後ろの位置取りでレースを進めました。ひょっとして後方待機で直線どれだけの脚を使えるのか試してみたのかもしれないと思い、レース終了後にツイッターでそうつぶやいたのですが、津村騎手のレース後のコメントを見ると、どうやら昨日のレースは折り合い重視だったようです。

以下、津村騎手のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)。

スタートから出して行って、今日は折り合い重視でベストディールの後ろにつけて行きました。うまく折り合いがついたので、先につながる競馬ができたと思います。今後、距離が伸びても大丈夫だと思います



皐月賞を見据えて2000mの距離をこなせるかどうか試したかったんでしょうね。

一方のベストディールは勝ちにいく競馬で、アドマイヤブルーを前に見ながら、位置取り、追い出しのタイミングもドンピシャでした。3着に敗れたアドマイヤブルーですが、今回は目標にされた分もありますね。それにキャリアも浅くまだこれからといった感じでしょうか。

ベストディール無印で馬券は外れてしまいました…。

結果
1着 ベストディール(2番人気)
2着◎マイネルロブスト(5番人気)
3着▲アドマイヤブルー(1番人気)
4着×アーデント(4番人気)
5着 スノードン(9番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8着○レッドシャンクス(3番人気)
12着△コスモアンドロメダ(10番人気)


日経新春杯はトップハンデで1番人気のトゥザグローリー。やはりこのメンバーでは力が違ったといった印象。とはいえ、直線では一瞬前の3頭、ダノンバラード、ビートブラック、スマートロビンを捕らえきれないと思いました。しかし、エンジンがかかってからの末脚の切れは流石。

対抗のトップカミングは直線では最後までジリジリと脚を伸ばしていたのですが、6着まで。

以下、福永騎手と小坂騎手のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)。

1着 トゥザグローリー 福永祐一騎手
「トップハンデ58.5キロと重い斤量で、きっちり結果を出せてよかったです。スタートはよかったのですが、自分から進んで行かなかったのであの位置からになりました。ペースが落ち着いて、ひたすら我慢して、4コーナーまで辛抱していました。ゴーサインを出してからはスムーズで、前を交わすのに時間はかかりましたが、交わせるという確かな感触がありました。なかなか結果を出せませんでしたが、GIを勝てる馬だと思いますし、一緒に大きいところに行ければいいですね」

6着 トップカミング 小坂忠士騎手
「前走が1400mだったので、やはり今回の2400mでは力んで走っていました。今日のレースからよくなってきそうな雰囲気を感じますし、以前よりも集中して走るようになりました」



昨年の春のG1ではパッとしなかったトゥザグローリーですが、今年は大舞台での活躍がある…かも?

そして、鞍上の福永騎手、早くも今年の重賞勝利を挙げるなど、昨年に続きいい流れに乗っていますね。

馬券はダノンバラードを押さえていたので一応的中。でも京成杯外れて結局マイナス(ノД`)

結果
1着◎トゥザグローリー(1番人気)
2着×ダノンバラード(3番人気)
3着 マカニビスティー(8番人気)
4着▲ビートブラック(4番人気)
5着△スマートロビン(2番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・
6着○トップカミング(11番人気)
スポンサーリンク
関連記事

Trackback

2012/01/16 (Mon) 18:53

ようやく重賞で初日が出ました。中山詣の効果が出たのか少し流れも上向きになってきたかな?しかしこのところ好調だったPOGの方は昨日ドラ1トーセンホマレボシが2着。本日の ...

ニュータイプ的競馬
2012/01/16 (Mon) 22:53

1月15日は中山競馬場で3歳重賞の京成杯、京都競馬場では今年最初のG?レース・日経新春杯が行われました。京成杯は朝日杯2着馬、デビュー2戦2勝、ディープ産駒が参戦し、日経新春杯には有馬記念3着のトゥザグローリーが登場!年明け緒戦を勝利で飾れたのか? 中...

日刊魔胃蹴

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する