【レース回顧】第28回フェアリーステークス他

中山、京都の東西金杯とシンザン記念、フェアリーSのレース回顧を。

まずは、1月5日に行われた中山金杯。

私の本命は連勝記録をどこまで伸ばすのか注目を集めた1番人気のアドマイヤコスモスでした。しかし、そのアドマイヤコスモスは他馬が仕掛けてペースを上げる3コーナーでなぜか後退。これはおかしいと思ったのですが、やはりレース中に故障を発生していたようです。

アドマイヤコスモスに気を取られていたため、気付いたらフェデラリストとダイワファルコンがゴール前で一騎打ちをしていた…という感じでした。勝ったフェデラリストはダンスパートナーの仔。人気を集めた良血馬がコケるパターンだと思っていたのですが、見事に勝ちましたね。父はエンパイアメーカー。『田端到・加藤栄の種牡馬事典』には、「北米ではダート、オールウェザーでG1馬を輩出。芝馬の好走が目立つオールウェザーだけに、母父からも日本の芝に合うはず。」とあり「古馬は中山記念といった中距離レースが向きそうだ。」ともある。覚えとこ。

アドマイヤコスモスについて、サンスポには「診断では右第3中手骨複骨折。現役続行は難しい状況といえる。」とありました。今後の活躍が期待された馬だけに非常に残念な結果となってしまいました。

上村騎手のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)は下記の通り。

返し馬では普通でしたが、2コーナーに入る時に硬さを感じ、3コーナーでは、まずいなという感じでした。右前脚を故障してしまったようです



異常を感じた時点で競走を中止することは出来なかったのでしょうか。あれだけズルズル後退していたのですから、無理に最後までレースを続行しなくても良かったのでは…。

結果
1着 フェデラリスト(2番人気)
2着 ダイワファルコン(4番人気)
3着×コスモファントム(5番人気)
4着○エーシージーライン(6番人気)
5着▲エクスペディション(3番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9着△ネオサクセス(7番人気)
16着◎アドマイヤコスモス(1番人気)


続いて京都金杯。

勝ったのは本命マイネルラクリマ。予想記事に「チーフベアハート産駒らしく長くいい脚を使うタイプ。」と書きましたが、松岡騎手がまさにその持ち味を生かした騎乗をしてくれました。

以下、松岡騎手のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)。

今回勝算を持ってこの舞台に来ました。スタミナがあるので、早めのレースでよく勝ってくれました。本当はもっと早く重賞を勝ってもおかしくない馬です



この「今回勝算を持ってこの舞台に来ました。」というコメント。これも予想記事に書いたのですが、「マイネルの主戦ジョッキーである松岡騎手が、中山金杯に昨年コンビを組んで同レースを制覇したコスモファントムが出走するのに京都のマイネルラクリマに騎乗するということは…などと考えたりもしてみる。」という読みも当たったみたいです。

2012年最初の重賞予想的中なので自画自賛も大目に見て下さい(笑)

2着に外から追い込んだダノンシャーク。

結果
1着◎マイネルラクリマ(3番人気)
2着△ダノンシャーク(2番人気)
3着 アスカトップレディ(10番人気)
4着▲ショウリュウムーン(4番人気)
5着○サダムパテック(1番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・
10着×ヤマカツハクリュウ(7番人気)


POG馬オリービンに期待したシンザン記念でしたが、勝ったのは牝馬のジェンティルドンナ。内枠を上手く生かしたロスのない騎乗をしたルメール騎手も流石でした。今年も牝馬が強いという流れが続くのでしょうか。草食系牡馬(笑)がんばれ!

オリービンは上がり最速タイの34.3秒の脚を使ったのですが7着に敗れてしまいました。あの流れでは位置取りが後ろ過ぎましたね。

結果
1着×ジェンティルドンナ(2番人気)
2着 マイネルアトラクト(9番人気)
3着 プレミアムブルー(11番人気)
4着▲トウケイヘイロー(1番人気)
5着 シゲルアセロラ(6番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7着◎オリービン(3番人気)
12着○グラーネ(4番人気)
14着△ピュアソウル(5番人気)


最後に昨日のフェアリーSについてごく簡単に。

本命トーセンベニザクラは見事に勝ってくれたものの2着に入った14番人気のマイネエポナがノーマークで的中ならず。ダイワメジャー丼を狙って対抗にしたダイワミストレスは際どいハナ差の3着でした。

なお、スタートで大きく出遅れてしまった2番人気のパストフォリアはしんがり負け。あそこまで出遅れるとさすがに巻き返しは難しいですね。

パストフォリアに騎乗した横山典弘騎手のレース後、以下のようにコメント(サンスポ)したみたいです。

「きょうはゲートで終わり。みんな一生懸命にやっているわけだから…。競馬は難しいよ」と、横山典弘騎手は唇を噛みしめたが「能力のある馬。当然、巻き返しますよ」と闘志は萎えていなかった。



結果
1着◎トーセンベニザクラ(3番人気)
2着 マイネエポナ(14番人気)
3着○ダイワミストレス(5番人気)
4着 オメガハートランド(1番人気)
5着 チェリーメドゥーサ(8番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9着▲ターフデライト(9番人気)
14着△ニケ(13番人気)
16着×パストフォリア(2番人気)
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する