オリービン、新馬勝ちならず

先週POGで新たに指名した3頭がデビューしましたが、いずれも新馬勝ちとはなりませんでした。

まず、netkeibaPOG、UMAJIN POGの両方で指名したダイワメジャー産駒のオリービン



日曜阪神5R、芝1600mの新馬戦に出走したオリービンは、道中中団からレースを進め、そのまま直線へ。ところが、鞍上の小牧騎手がいざムチを入れて追い出すも、なかなかエンジンが掛からず、残り100mになってようやく追い上げ開始。しかし、先に抜け出していたラフィングインメイを捕らきれず2着まで。

以下、レース後の小牧騎手のコメント(ラジオNIKKEI)。

返し馬では持って行かれそうなイメージがありましたが、レースに行ったらイメージが違いました。エンジンが最後まで掛かりませんでした。少し他の馬を気にする面を見せました。逃げるよりこういったレースをしたことは次に繋がるのではと思います



直線で見せたズブさが一度叩かれたことで解消されれば、勝ち上がるのにそう時間はかからなさそう。

netkeibaPOGで指名したディープインパクト産駒のアンチュラスは、土曜阪神5Rの牝馬限定の新馬戦に出走。1番人気におされたものの、直線で思ったほど弾けず3着に敗れました。勝ったのは、大外から豪快に追い込んだアグネスタキオン産駒のタガノミュルザンヌ。

以下、川田騎手のコメント(ラジオNIKKEI)。

これからのことを考えると、馬群の中で競馬をさせたかったのですが、外枠ということもあり、馬の若さが前面に出てしまいました。能力はある馬ですが、今日は残念な結果です



確かにスタート直後から少し顔を上げる仕草を見せていましたが、それにしてもタガノミュルザンヌには完敗でした。

最後はUMAJIN POG 地獄モードで指名したファルブラヴ産駒のフェニーチェ。フェニーチェは日曜中山5Rの新馬戦に出走。デビューの3頭の中ではこの馬に新馬勝ちの期待をかけていたのですが、4着に敗れました。勝ったのは、シンボリクリスエス産駒のシンボリスウィフト。

フェニーチェを管理する加藤征弘調教師のコメント(ラジオNIKKEI)は以下の通り。

気のいい、大人しい女の子なんですが、前が塞がって抜けられませんでした。それでも出たなりであのまま行っていたら、それこそ行ったきりの馬になる可能性がありましたから、逆に馬の後ろから行けたのは良かったかもしれませんね



ちなみにデビュー前の加藤調教師のコメント(UMAJIN)も↓

入厩して1ヶ月くらいになるけど、日ごとに動きは良化しているね。体はそれほど大きくないけど、全身を全て使うフォームで、走り出すと大きく見せる。バランスの良い馬で、頭も賢い。変にカッカしているところもないし、大人びているよ。こういうタイプだから、距離はある程度もつと思うんだ。ウチの厩舎でも水準以上の能力があるし、デビュー勝ちを狙っているよ



デビュー勝ちを狙っているよ」という力強いコメントを信じてみたのですが、残念でした。

もっと残念だったのは、日曜阪神2Rの牝馬限定の未勝利戦に出走したビキニブロンド(UMAJIN POGで指名)。確実に勝ち上がるために牝馬限定のレースを選んだのだろうと思っていたのですが、1番人気を裏切り5着に敗れてしまいました。4コーナーで最内を突いて、そこから突き抜けるかと思いきや、ジリジリとしか伸びず。
しかし、どうやら3コーナーで不利を受けていたようで、パトロールビデオで確認すると、ビキニブロンドの外にいた加害馬シゲルミカンが内側に斜行し、ビキニブロンドは内のデンコウデアと外のシゲルミカンに挟まれ、何度も馬体をぶつけられていました。

川田騎手も「これだけの不利を受けて馬がかわいそうでした」とコメント(ラジオNIKKEI)。馬に精神的なショックが残らなければいいのですが。
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する