グランデッツァ、デビュー戦は2着…

デビュー戦前日にnetkeibaとUMAJINの両方のPOGで指名したグランデッツァ。グランデッツァは、今年の桜花賞馬マルセリーナの半弟。父はアグネスタキオン。半姉がG1馬というだけで十分注目の一頭になるわけですが、さらに社台の吉田照哉代表が「(アグネス)タキオン産駒の最高傑作になると思う」と語ったということで、デビュー前から大きな注目を集めていました。

そんなわけで、私もついついPOGで指名してしまったわけです。しかし、関係者のコメントは当てにならない事が多いんですよね。

例えば、昨シーズンは、マイネル軍団の総帥こと岡田繁幸氏の「種馬にしようと思って買った馬」というコメントに期待してプレイを指名。また、国枝調教師の「美浦のウオッカになりうる」というコメントでウインジュビリーを指名。プレイは、重賞でそこそこ活躍してくれたのでまだいいとしても、ウインジュビリーに関しては、今年の4月、9戦目にしてようやく未勝利を脱出。

それでも、懲りずにグランデッツァを指名。グランデッツァが出走した日曜札幌6Rの新馬戦には、スティンガーの息子サトノギャラント、ヘヴンリーロマンスの息子ウイニングサルートなど注目馬が集まっていました。

しかし、勝ったのは、グランデッツァでもサトノギャラントでもウイニングサルートでもなく、4番人気のマカハでした。



グランデッツァは、スタートで出遅れ。最後方からのレースを余儀なくされてしまいました。それでも、直線では一瞬、オッ!と思わせる末脚を見せて何とか2着に入ってくれました。どうせなら、マカハを捕らえきって欲しかったですね。それが出来ていたら、おそらく「衝撃のデビュー戦」などという見出しの記事になっていたでしょうね。

鞍上秋山騎手のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)は以下の通り。

1~2コーナーでかなり外を回らされてしまいました。それが本当にもったいなかったです。あそこがスムーズならもっと際どかったと思います。能力は素晴らしいものがあります



まあ、まだデビュー戦。次走に期待します。

ちなみにお盆で帰省していた時に、UMAJIN地獄モードで指名していたジェノアが未勝利勝ちしてくれました。また、UMAJINPOGで指名しているビキニブロンドはデビュー戦2着。残念でしたが、勝ったゴールデンムーンの鞍上が武豊騎手だったので、良しとしました(笑)
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する