【レース回顧】第47回小倉記念

やはり夏は牝馬なのか、それとも夏でなくとも牝馬が強いだけなのか。昨日行われた小倉記念を制したのは、5歳牝馬のイタリアンレッドでした。

レースは、予想通り最内枠からホクトスルタンがハナを奪いしました。しかし、開幕週の馬場で簡単に逃がすわけにはいかないと、他馬も負けじと前へと殺到。これで一気に前半のペースが上がりました。

積極的な騎乗をしてくるだろうと予想していた太宰騎手は、まさにその通りで、大外のエーシンジーラインはスタートから果敢に前に上がって行き、2番手に付けました。そして、4コーナーでは早くもホクトスルタンに並びかけ、直線入り口では先頭に立っていました。速いペースにも関わらず先行勢が簡単に止まらなかったのは、やはり開幕週だからでしょうか。

しかし、道中、中団で脚をためていたイタリアンレッドが外から追い上げ、エーシンジーラインを捕らえて突き放すと、ゴール前では鞍上の浜中騎手がガッツポーズをする余裕も。

2着に同じく差してきたキタサンアミーゴ、3着には内で先行して粘ったリクエストソング、と母父トニービンの2頭が入りました。一応、トニービンに注目してこの2頭には印を打ったんですけどね。タフな流れも味方したのでしょう。

でも、本命のナリタクリスタルと対抗サンライズベガがあの結果では・・・。

さて、そのナリタクリスタルですが、ゴール前では脚を伸ばしているものの、6着。もう少し前に付けたほうが良かったのではとも思いましたが、脚をためたわりに案外の伸びだったので、仕方なし。

結果
1着 イタリアンレッド(4番人気)
2着△キタサンアミーゴ(15番人気)
3着▲リクエストソング(8番人気)
4着 ヤマニンキングリー(5番人気)
5着 エーシンジーライン(13番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6着◎ナリタクリスタル(1番人気)
9着×ホワイトピルグリム(6番人気)
15着○サンライズベガ(7番人気)
スポンサーリンク
関連記事

Trackback

2011/08/01 (Mon) 12:30

小倉記念 予想  1着△イタリアンレッド 2着-キタサンアミーゴ 3着-リクエストソング 4着△ヤマニンキングリー 5着△エーシンジーライン 6着△ナリタクリスタル  ...

ニュータイプ的競馬
2011/08/01 (Mon) 22:32

土日の小倉重賞は開幕週ながら逃げ馬が沈む流れに終わりました。 第13回小倉サマーJ(J・G?) 1着 -- 10 ドングラシアス 2着 △ 01 シゲルダイセン 3着 ○ 07 スプリングカエサル ----- 4着 ▲...

CW馬なりにて歩む

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する