ジェノア、デビュー戦は3着

先週、レース前日ギリギリにUMAJIN POGの地獄モードで指名したジェノアは、土曜京都5Rのダート1200mに出走。

佐々木晶三調教師のコメント通り、確かにジェノアのゲートは速かった。ポンとゲートを出ると、2~3番手で先行。楽な手応えのまま、直線入り口に向かったので、これは!と思ったのですが、逃げるラーゼンマイスターも止まらない。さらにラチ沿いピッタリに付けていたハギノコメントが最内を突き、川田騎手の鞭に応えるかのようにその末脚を伸ばすと、ジェノアとラーゼンマイスターを抜き去り1着でゴール版を駆け抜けました。

2着には逃げて粘ったラーゼンマイスター。ジェノアは3着でした。

ジェノアに騎乗した佐藤哲三騎手のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)は以下の通り。

スタートもよかったですし、よくがんばっていますよ



随分あっさりしたコメントですね(笑)。でも、ゲートセンスはあるし、次走に期待したいです。ストラヴィンスキー産駒のジェノア、芝も試してもらいたいかな。



また、このレースのハギノコメントの勝利により、松永幹夫調教師はJRA通算100勝を達成されたそうです。ミッキーおめでとう!!

さて、今週デビューの馬に指名したくなるような馬はいるかな。
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する