リディルの半弟クラレント、メイクデビュー快勝!

先週は今シーズンのPOG指名馬がようやくデビュー。UMAJIN POGの地獄モードで指名しているクラレントは、土曜京都5Rの芝1400mのメイクデビューに出走。豪快な差し切りで見事に新馬勝ちを決めてくれました。



3コーナーから4コーナーにかけて、やや置かれ気味になり、鞍上の小牧騎手の手がかなり動いていたようだったので、一瞬大丈夫か?と思いましたが、そこはダンスインザダーク産駒。長くいい脚を使って、直線だけで他馬をごぼう抜き。終わってみれば、2着のサドンストームに2馬身半差をつける快勝でした。

父アグネスタキオンの半兄リディルも指名していましたが、クラレントは父がダンスインザダークに変わったことで、スパッと切れるというよりも、おっつけながらも長くいい脚を使うタイプで、距離ももう少しあった方が競馬はしやすそう。

クラレントの鞍上小牧騎手のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)は以下の通り。

内を通ったら今の馬場状態から考えて厳しいので、ポジションを1頭分下げたとしても、外に出せるようにレースをしました。最後の伸び脚は想定以上です。ゴール前は抑えるくらいでした。これからどれだけ変わってきてくれるかですね



それともう一頭、これもクラレントと同じ橋口厩舎のコーダリーも日曜京都5R芝1200mでデビュー。コーダーリーについては、デビュー直前の土曜日にnetkeibaPOGで指名しました。そろそろ指名馬がデビューしないとつまらないし、鞍上が武豊騎手だったので。

しかし、結果は3着。直線を向くまでは手応え十分に見えたので、イケると思ったのですが、直線での伸びがイマイチでした。

コーダリーは父アグネスタキオン、母キュンティア。キュンティアの仔と言えば、父クロフネで初仔のオディールはファンタジーS勝ち、阪神JF4着など早い時期に活躍していました。コーダリーも3着に敗れたとは言え、レースぶりは悪くなかったので、未勝利脱出にそれほど時間はかからない・・・と思いたいです。

POGは指名馬がデビューしないと盛り上がれないですよね。あと2~3頭くらい早くデビューしそうな馬を指名しようかな。でも、ただデビューが早ければいいってもんでもないのが難しいところ。
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する