【レース回顧】第11回アイビスサマーダッシュ

月曜早朝のなでしこジャパンW杯優勝から、昨日の帰国、テレビ出演とまさになでしこフィーバー。それにしても、どこも同じ質問ばっかり。彼氏はいるのかとか・・・10代の女の子じゃないんだから、そっとしといてあげればいいのに。

日本サッカー界も、競馬界も“おんな”が強い。日曜に行われたアイビスサマーダッシュを制したのは、4歳牝馬のエーシンヴァーゴウでした。

内枠よりも外枠の馬を重視した私の予想は気持ちいいほど外れてしまいました。アイビスサマーダッシュでは確かに外枠の馬の活躍が目立っていましたが、それより何より牝馬の活躍に目をやるべきだったかも。

内枠がどうかと思ったエーシンヴァーゴウでしたが、鞍上の福永騎手が抜け出してからじわじわと馬場の真ん中あたりまで馬を持ち出していました。早め先頭で粘るエーブダッチマンを交わすと最後は1・3/4馬身差をつける快勝でした。昨年1番人気のメリッサで臨んだアイビスSDで最下位に終わった雪辱を果たせたのでは。

2着にはエーブダッチマン。3~5着は先行した外枠の馬たちが占める結果に。外枠うんぬんよりエーシンヴァーゴウが強かったということでしょうか。

私の本命で大外枠のジェイケイセラヴィは5着。外からいいスタートをきっていたのですが、ジリジリとしか伸びませんでした。

結局、上位3頭とも無印の馬という非常に残念な予想結果になってしまいました。

結果
1着 エーシンヴァーゴウ(1番人気)
2着 エーブダッチマン(5番人気)
3着 アポロフェニックス(11番人気)
4着▲シャウトライン(7番人気)
5着◎ジェイケイセラヴィ(3番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6着○サアドウゾ(4番人気)
7着×セブンシークィーン(6番人気)
9着△マヤノロシュニ(10番人気)
スポンサーリンク
関連記事

Trackback

2011/07/20 (Wed) 23:31

エーシンヴァーゴウが快勝し、7年連続で牝馬が勝ったアイビスSD。 「頭あれど紐なし」に終わりました。 結果と簡単な回顧を。 第11回アイビスSD(G?) 1着 ◎ 03 エーシンヴァーゴウ 2着 -- 12...

CW馬なりにて歩む

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する