【競馬予想】第47回CBC賞

中京競馬場の工事のため昨年は京都競馬場で行われたCBC賞ですが、今年は阪神競馬場で行われます。

CBC賞の本命は、フレンチデピュティ産駒の◎エーシンリジル。2走前の阪神芝1200で行われたハンデ戦、淀屋橋ステークスを勝っている。今回はクラスが上がることでさらに1キロ軽い52キロの軽ハンデで走れる。エーシンリジルはエーシンルーデンスの仔なんですね。懐かしいなぁエーシンルーデンス。

対抗は前走の高松宮記念でスプリンターズSに続くまさかのG1・2戦連続降着となってしまった○ダッシャーゴーゴー。ここは川田騎手も何としてでもという気持ちが強いでしょう。トップハンデを背負いますが、馬格があるのでそれほど苦にしないのでは。

外差しが決まれば面白そうなハーツクライ産駒の▲ツルマルレオン。3歳馬で52キロと軽ハンデ。

サクラバクシンオー産駒からは△エーシンホワイティ。前走京都では同じくバクシンオー産駒のヘッドライナーを捕らえきれず2着に終わったが、阪神なら。

最後に休み明けの×タマモナイスプレイ。

予想
◎エーシンリジル
○ダッシャーゴーゴー
▲ツルマルレオン
△エーシンホワイティ
×タマモナイスプレイ
スポンサーリンク
関連記事

Trackback

2011/06/12 (Sun) 08:55

【CBC賞】の予想。血統知識不要で超便利な系統色分け出馬表あります。

【血統フェスティバル】blog

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する