【レース回顧】第41回高松宮記念他

日曜日に行われた高松宮記念で連覇を達成したキンシャサノキセキですが、その翌日の月曜日に引退することが発表されました。引退後は、社台スタリオンステーションで種牡馬になる予定だそうです。

さて、その高松宮記念。キンシャサノキセキは好スタートから好位に付け先行。予想記事にも書きましたが、スタートで出遅れた前走オーシャンSのレース後にリスポリ騎手が「本番はもう少し前で競馬をしないといけないね。」とコメントしていました。まさに、その通りの競馬をして、今度は早々とダッシャーゴーゴーを射程圏内に捕らえることに成功。ゴール前でダッシャーゴーゴーをかわすと、2着馬サンカルロに1・1/4馬身差をつけ快勝。キンシャサノキセキはもちろん、リスポリ騎手の騎乗も見事でした。

リスポリ騎手のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)は以下の通り。

震災で困っている人が大勢いる中で複雑な気持ちですが、今日は弟の誕生日でいいプレゼントが出来ました。馬は今日は落ち着いていて、いいコンディションでした。仕上げてくれた堀先生にも感謝しています。来年も必ず日本に戻って来ます



2着のサンカルロは、道中はじっくり後方で脚をため、直線では外を回さず思い切って内に突っ込み、馬群を縫うようにして追い込んできました。吉田騎手のレース後のコメントは以下の通り。

1200mで位置取りが馬群の中になってしまい、外に出したかったのですが出すことが出来ず、馬群を割る形になりました。でも狭いところを抜け出す根性がありますね。1200mの流れにも慣れてきました



最初から内を突こうと思っていたわけではなかったのですね。もしも外を回していたら間に合わなかったかもしれないので、結果的には良かったのではないでしょうか。

3着にはアーバニティ。なお、早め先頭で4位入線したダッシャーゴーゴーでしたが、3コーナーで急に内側に斜行して1番人気ジョーカプチーノの走行を妨害したため、11着に降着となりました。そのため、川田将雅騎手は4月2日(土)から4月10日(日)まで騎乗停止となりました。川田騎手とダッシャーゴーゴーのコンビは、これでスプリンターズSに続いてG1レースで2戦続けて降着・・・。残念な結果になってしまいました。

私は、サンカルロは1200mでは良くて3着くらいだと思っていたので無印にしてしまいました。どちらにしても2~5着馬全て無印ですけど。

結果
1着◎キンシャサノキセキ(3番人気)
2着 サンカルロ(4番人気)
3着 アーバニティ(11番人気)
4着 ビービーガルダン(10番人気)
5着 レッドスパーダ(5番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7着▲スプリングソング(8番人気)
10着×ジョーカプチーノ(1番人気)
11着△ダッシャーゴーゴー(2番人気)
15着○ワンカラット(7番人気)


毎日杯を勝ったのは、レッドデイヴィス。これでシンザン記念に続く重賞2連勝となりました。

2着にはコティリオン。本命にしたトーセンレーヴは3着。まだキャリアは浅いしこれからの馬。3着ならまずまず。でも、思っていたほど強くはなかったのかも。逆に新馬勝ちで4着に入ったエチゴイチエは思っていたより力がありそう。

結果
1着 レッドデイヴィス(2番人気)
2着 コティリオン(4番人気)
3着◎トーセンレーヴ(1番人気)
4着×エチゴイチエ(5番人気)
5着 アストロロジー(9番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7着△アルティシムス(7番人気)
10着○スマートロビン(3番人気)
12着▲ボレアス(8番人気)


POG馬が3頭出走し、期待していたスプリングSでしたが、結果はPOG馬3頭とも着外と惨敗( ;∀;)

勝ったのは、ドリームジャーニーの全弟オルフェーヴル。早めに動いて、長くいい脚を使うところは兄似かも。

さて、POG馬3頭それぞれの鞍上のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)は以下の通り。

9着 サトノオー 三浦皇成騎手
「流れが落ち着いてしまいましたから……。それでも馬群の中でジッとできましたし、ゲートもうまく出てくれました。使ってよくなるタイプなのは間違いないですし、これからの馬ですよ」

13着 リベルタス 福永祐一騎手
「返し馬はスムーズだったのですが……。間隔が空いていた分でしょうか。まだよくなってくると思います」

15着 リフトザウイングス 武豊騎手
「道中は悪くなかったのですが、グッと来るところがありませんでした」



結果
1着×オルフェーヴル(1番人気)
2着 ベルシャザール(4番人気)
3着△ステラロッサ(8番人気)
4着 グランプリボス(5番人気)
5着 エイシンオスマン(12番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9着◎サトノオー(7番人気)
13着○リベルタス(2番人気)
15着▲リフトザウイングス(3番人気)


土日4重賞で唯一的中出来たのがフラワーC。ダートからの芝替わりで初芝のマンハッタンカフェ産駒トレンドハンターが芝適性を見せて快勝。なお、岩田騎手は本番の桜花賞でも引き続きトレンドハンターとコンビを組むようです。

2着にリスポリ騎手騎乗のディープ産駒ハブルバブル。

結果
1着◎トレンドハンター(5番人気)
2着△ハブルバブル(1番人気)
3着 マヒナ(7番人気)
4着 マイネイサベル(2番人気)
5着 ライブインベガス(12番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7着▲サトノフローラ(4番人気)
16着×ケイジーシオン(14番人気)
17着○アフロディーテ(3番人気)
スポンサーリンク
関連記事

Trackback

2011/03/30 (Wed) 23:28

高松宮記念はキンシャサノキセキが連覇。 それと同時に、ダッシャーゴーゴーがスプリンターズSについでまたも「やらかして」しまいました。 シンザン記念組が勝ち上がったスプリングS、毎日杯と合わせて結...

CW馬なりにて歩む

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する