ダノンバラード、サトノオーなど17頭が共同通信杯に登録

今週は土曜日にクイーンカップ、日曜日に共同通信杯と京都記念が行われます。馬券とはまた別ですが、クイーンCではダンスファンタジア、京都記念ではこのレースを最後に池江泰郎厩舎から息子の池江泰寿厩舎に転厩するトゥザグローリーと私の好きな馬オウケンブルースリに注目しています。

今週開催の3重賞の中で、私が一番注目しているのは共同通信杯。

というのも、共同通信杯にはダノンバラード、サトノオー、ディープサウンド、プレイなどのマイPOG馬が登録しているのです。


共同通信杯の登録馬全17頭(フルゲート16頭)は以下の通り↓↓↓

ビッグロマンス
ダノンバラード
ロビンフット
ベルシャザール
サトノオー
タツミリュウ
ディープサウンド
ナカヤマナイト
ニジブルーム
ダブルオーセブン(地方馬)

抽選対象馬↓↓↓

オンリーザブレイヴ
テキサスルビー
テラノコブラ
ヒカリキャピタル
プレイ
ミヤビファルネーゼ
ユニバーサルバンク


予定通りならダノンバラード(netkeiba)、サトノオー(UMAJIN)、ディープサウンド(netkeiba)の3頭は出走可能。プレイ(netkeiba、UMAJIN)は抽選対象になっています。でも、6/7で突破出来るので、回避しなければ出走できる可能性は高そう。

また、各馬の鞍上ですが、ダノンバラードは武豊騎手、サトノオーは横山典弘騎手を予定。前走ホープフルSで最下位に敗れたディープサウンドはデビューからずっとコンビを組んできた後藤騎手から蛯名騎手に乗り替わりのようです。プレイについては前走に引き続き柴田大和騎手なのではないかと思います。中間の調教でも柴田大和騎手が乗っているようですし。

個人的に勝って欲しいのは京都記念のトゥザグローリーと同じく共同通信杯を最後に池江泰郎厩舎から池江泰寿厩舎に転厩するダノンバラード。
ただ、どんな走りをするのか楽しみなのはサトノオーです。前走は1位入線のレッドデイヴィスに不利を受け、2位入線から繰り上がりでの1着。そのレッドデイヴィスが続いて出走したシンザン記念を制したことからサトノオーへの期待も自然と高まります。

そうそう、ダノンバラード、サトノオー、ディープサウンドは3頭ともディープインパクト産駒です。今シーズンのPOGではディープ産駒の実力がどの程度のものか分からなかったので、恐る恐るといった感じで指名しましたが、これなら来シーズンはもっとディープ産駒を指名しても良さそう。
スポンサーリンク
関連記事

Trackback

2011/02/08 (Tue) 22:59

[AD]確実に馬券で儲けたい方へ裏情報を無料提供中! 2011 共同通信杯 データ 2011年2月13日1回東京6日  第45回共同通信杯(G3)東京芝1800m 3歳 別定 共同通信杯は過去の勝ち馬にはナリタ ...

激走!データ競馬ブログ

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する