競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【競馬予想】第61回東京新聞杯

エルフィンSで期待していたグルヴェイグでしたが、今回は上位2頭に差を付けられた形で終わりました。マルセリーナに負けたのはともかく、同じく今日が2戦目のノーブルジュエリーに先着を許したのは残念。それにしても、マルセリーナ強いですね。同厩レーヴディソールのライバルの資格も十分ありそう。あと、小倉大賞典・・・幸騎手との相性はやっぱり悪いままのようです。

さて、気を取り直して明日の東京新聞杯の予想を。

本命は東京マイルで連勝中の◎フラガラッハ。実は、フラガラッハは新馬戦でゴールスキーの2着に敗れているんですよね。そのゴールスキーは今回人気になりそうなのですが、東京マイルを走るのは今回が初めて。それに対し、フラガラッハは2戦2勝。東京マイルの実績に関しては母父トニービンのフラガラッハが上。3連勝の勢いに乗って、新馬戦での借りをここで返したい。

対抗は○ゴールスキー。今回逃げそうなのはシルポートかマイネルレーニアくらいで、それほどペースはあがらないのでは。スローで最後の切れ味勝負になれば、ゴールスキーの出番はある。ただ、気になるのはこの馬が唯一東京コースを走ったプリンシパルSでの大敗。その原因は距離か、コースか・・・。

▲ダノンヨーヨーは富士S勝ちがあるように、コースに問題はない。ただ、なんだかんだダンスインザダーク産駒なので、追い込んで届かず2~3着というイメージもある。

小牧騎手に乗り替わり逃げて2連勝の△シルポート。東京マイルでどうか多少不安はあるものの、マイペースに持ち込めれば。

最後にこれも母父トニービンの4歳馬×ネオヴァンドーム。

予想
◎フラガラッハ
○ゴールスキー
▲ダノンヨーヨー
△シルポート
×ネオヴァンドーム
スポンサーリンク
関連記事

TRACKBACK

6 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  新時代の到来 きさらぎ賞、東京新聞杯最終結論
  • 始まりがあれば終わりあり。 どんなに酷いことであれ、必ず終わりもやってきますし、新しい時代もやってきます。 固定電話から携帯に変わった時のように、その新時代にたどり着いたときは変化がありますし...
  • 2011.02.05 (Sat) 22:12 | CW馬なりにて歩む
この記事へのトラックバック
  •  東京新聞杯(11年)予想
  • 展望ポイント 『表に出ていないダート血統』 展望はこちら
  • 2011.02.06 (Sun) 00:08 | 血統適性blog
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  東京新聞杯(GIII)~◎ショウワモダン
  • 重賞では久々な気がします、60キロ以上を背負って出てくる馬。賞金別定基準が基本56キロで3000万超過馬は2000万円毎に1キロ増なので「ショウワモダン」は4キロ増で ...
  • 2011.02.06 (Sun) 11:24 | カンマネの安心できるかわからないブログ
この記事へのトラックバック
  •  MAU 舞う 東京新聞杯&きさらぎ賞 予想
  • かなりのメンバーがそろった 東京新聞杯。 人気のダノンヨーヨーがここも勝つのか!? みものです。 ◎ 1番 ゴールスキー (適条件に戻っての巻き返しに期待) ○ 6番 キャプテンベガ (休んで...
  • 2011.02.06 (Sun) 13:18 | MAU~NET

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply