ローズキングダム、引き続き武豊騎手とのコンビで日経賞へ

1番人気に推された日経新春杯で3着に敗れたローズキングダムの次走は3月26日の日経賞だそうです。スポニチによると、鞍上は武豊騎手。
また、国内に専念する方針から、日経賞の後は、春天→宝塚記念と春は古馬の王道ローテを予定しているそうです。

前走の日経新春杯はルーラーシップ、ヒルノダムールという同世代の2頭に先着を許してしまいましたが、ローズキングダムは牡馬にしてはそれほど大きくない馬体で58キロという斤量を背負っていましたし、中間に一頓挫あった影響もないとは言えないはず。次の日経賞では、JC馬の名に恥じぬよう何とか勝って欲しい。まあ、でも本番は春天と宝塚記念ですから、負けちゃったとしてもいいんですけどね。

続いて、3歳馬についても。

サンスポによると、2歳女王レーヴディソールは3月5日の桜花賞トライアル・チューリップ賞から始動するそうです。果たして、G1桜花賞までにレーヴディソールの行く手を阻む馬が登場するか。そうでなければ、昨年のアパパネに続き2年連続3冠牝馬の誕生の可能性も低くなさそう。

そして、今週、個人的に3歳重賞のきさらぎ賞より気になるのはオープン・エルフィンS。

打倒レーヴディソールとして期待したいPOG馬グルヴェイグが出走します。それには、エルフィンSが試金石になりそう。ただ、エルフィンSには新馬勝ち後、いきなりシンザン記念に挑戦して3着と好走したマルセリーナがいます。ちなみにどちらもディープインパクト産駒。この2頭から勝ち馬が出るのか、それとも・・・。グルヴェイグに勝って欲しいなぁ。
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する