ルーラーシップはドバイ、ローズキングダムは春天へ

日経新春杯に出走したルーラーシップとローズキングダム、2頭の今後の予定が明らかになりました。

まず、日経新春杯を勝ったルーラーシップですが、どうやらドバイに向けて調整されるみたいです。ドバイのワールドC、デューティーフリー、シーマクラシックのいずれか選出されたところを使うようです。

一方、日経新春杯で3着に敗れたローズキングダムはというと、ドバイは取りやめ、春天を目標にすることになりそうです。日経新春杯を勝っていたら違っていたかもしれませんが、JC馬としてまずは春天できっちり結果を出してもらいたいです。

また、有馬記念3着と健闘した同世代のトゥザグローリーは京都記念を予定しているそうです。

こうやってエアグルーヴ、ローズバド、トゥザヴィクトリーといった名牝の仔が走ってくれるとPOGも分かりやすいんですけどね(b´∀`)

あ、3頭ともキングカメハメハ産駒でもありますね。とにかく強い4歳世代の活躍を期待してます☆
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する