2010年度JRA賞決定!年度代表馬は・・・

昨日6日2010年度JRA賞の年度代表馬、競走馬各部門の受賞馬が決定しました。最大の注目はやはり年度代表馬だと思うのですが、さて2010年の年度代表馬は一体どの馬だったのでしょうか。

各賞の受賞馬は以下の通り。

☆☆☆年度代表馬☆☆☆

ブエナビスタ

調教師 松田博資(栗東)
受賞騎手 C.スミヨン


☆最優秀2歳牡馬

グランプリボス

調教師 矢作芳人(栗東)
受賞騎手 M.デムーロ


☆最優秀2歳牝馬

レーヴディソール

調教師 松田博資(栗東)
受賞騎手 福永祐一


☆最優秀3歳牡馬

ヴィクトワールピサ

調教師 角居勝彦(栗東)
受賞騎手 M.デムーロ


☆最優秀3歳牝馬

アパパネ

調教師 国枝栄(美浦)
受賞騎手 蛯名正義


☆最優秀4歳以上牡馬

ナカヤマフェスタ

調教師 二ノ宮敬宇(美浦)
受賞騎手 柴田善臣


☆最優秀4歳以上牝馬

ブエナビスタ

調教師 松田博資(栗東)
受賞騎手 C.スミヨン


☆最優秀短距離馬

キンシャサノキセキ

調教師 堀宣行(美浦)
受賞騎手 四位洋文


☆最優秀ダートホース

エスポワールシチー

調教師 安達昭夫(栗東)
受賞騎手 佐藤哲三


☆最優秀障害馬

バシケーン

調教師 高橋義博(美浦)
受賞騎手 蓑島靖典


ということで、2010年の年度代表馬はブエナビスタでした!

2010年のG1最多勝馬は、3冠牝馬のアパパネ。続いてヴィクトリアマイル、秋天のブエナビスタと皐月賞、有馬記念のヴィクトワールピサ。
私は久しぶりに誕生した3冠牝馬アパパネが年度代表馬でもいいんじゃないかと思っていたのですが、ブエナビスタはG1は2勝しかしていないとはいえ、ドバイシーマC2着、宝塚記念2着、JC2着、有馬記念2着と1年を通して大活躍でしたから、やはりブエナが年度代表馬で妥当なのでしょうね。
それに2着と言ってもJCは降着、有馬も本当に際どいレースでしたからね。ブエナは色んな意味で競馬を盛り上げてくれました。

その他の受賞は大体予想通りでした。

続いて、既に決定していた調教師・騎手部門の受賞者について。

☆調教師部門

最多勝利調教師 音無秀孝(栗東)

最高勝率調教師 池江泰寿(栗東)

最多賞金獲得調教師 角居勝彦(栗東)

優秀技術調教師 角居勝彦(栗東)


☆騎手部門

最多勝利騎手 内田博幸(美浦)

最高勝率騎手 横山典弘(美浦)

最多賞金獲得騎手 蛯名正義(美浦)

最多勝利障害騎手 五十嵐雄祐(美浦)

最多勝利新人騎手 高倉稜(栗東)


調教師部門は栗東の調教師が独占、逆に騎手部門は最多勝利新人騎手以外は美浦の騎手が独占という結果になりました。
音無調教師は意外にもこれが初の全国リーディング。一方125勝を挙げた内田騎手は2009年に続いて2年連続のリーディングジョッキー。

先日5日には東西で金杯が行われるなど、すでに2011年の中央競馬の幕は上がっています。今年もまた心に残るような熱いレースを数多く観ることが出来ればいいなと思います。
それから、武豊ファンとしては、何とか内田騎手からリーディングの座を奪取して欲しいです。それには、まず怪我のないことを願います。これは武豊騎手に限らず全ての騎手、馬についても同じです。

もちろん、馬券もたくさん当たりますように!
スポンサーリンク
関連記事

Trackback

2011/01/09 (Sun) 21:18

展望ポイント 『欧州要素の強いサンデーサイレンス(SS)系』 展望はこちら

血統適性blog

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する