【レース回顧】第60回中山金杯&第49回京都金杯

2011年最初の重賞予想、的中させたかったですが結果は両金杯とも惨敗・・・。まあ、まだ始まったばかりですからね。これから、これから(笑)

まずは東の金杯、中山金杯の回顧から。

勝ったのは本命馬コスモファントム。好スタートから好位につけラチ沿いの経済コースで脚をためるというこの馬の勝ちパターンに持ち込めたので、しめしめと思っていました。直線では前がなかなか開かなくて少しヒヤッとしましたが、狭いところをこじ開けて力強く伸びたのは流石でした。

しかし、驚いたのは2着に入った11番人気のキョウエイストーム。正直この馬に2000mは長いと思ってノーマークでした。勝ち馬のすぐ後ろで同じようにラチ沿いを通れたのが良かったのかもしれませんね。コスモファントムと位置取りが逆だったら、キョウエイストームの方が先にスペースに入れたでしょうね。でも、石橋脩騎手ナイス騎乗でした☆私は若手イケメン騎手(イケメンの基準は私の好み)には甘いので(´∀`)

3着のナリタクリスタルも無印だったので、本命が勝っても惜しくも何ともない結果になってしまいました。どうも幸騎手とはあまり相性が良くないような気がします。

果敢に逃げたモエレビクトリー、先行したケイアイドウソジンはともに4着、5着。よく粘ったのですが。

結果
1着◎コスモファントム(1番人気)
2着 キョウエイストーム(11番人気)
3着 ナリタクリスタル(5番人気)
4着△モエレビクトリー(4番人気)
5着○ケイアイドウソジン(6番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9着×トウショウウェイヴ(12番人気)
11着▲セイクリッドバレー(8番人気)


続いて完敗だった京都金杯の回顧。

スタート直後に外のマイネルファルケが行く気を見せたので、内のシルポートとのハナ争いになるのかと思いきや、マイネルファルケがあっさり引き、その後はマイルにしては落ち着いた流れに。結局逃げたシルポートが二番手追走のガルボの追撃を振り切り、そのまま先頭でゴール。

2着にガルボ、3着にライブコンサートと上位を占めたのは道中前に位置していた馬たち。後方の馬たちの出番はありませんでした。

リーチザクラウンはインでじっとして上手く折り合いもついていたようですが、直線では弾けそうで弾けませんでした。

武豊騎手のレース後のコメント(ラジオNIKEI)は以下の通り。

折り合いは何とかつきましたが、一歩目が遅く獲りたいポジションにライブコンサートが入る形になりました。あとひとつ前のポジションでレースをしたかったですね



さて、私の本命馬サンディエゴシチーですが馬体重が前走からプラス22キロと大幅増(汗)。1か月ちょっとでそれは太りすぎでしょーと思ったのですが、藤岡騎手いわく「プラス22キロはそれほど気になりませんでした。」だそう。えー、本当にΣ(゚Д゚)

結果
1着 シルポート(7番人気)
2着 ガルボ(3番人気)
3着○ライブコンサート(2番人気)
4着▲リーチザクラウン(1番人気)
5着 ネオヴァンドーム(8番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6着◎サンディエゴシチー(4番人気)
9着△ショウリュウムーン(6番人気)
12着×ダンツホウテイ(9番人気)
スポンサーリンク
関連記事

Trackback

2011/01/06 (Thu) 16:09

【中山金杯】中山芝2000m1~5着馬の血統は左の表のようになっております。

【血統フェスティバル】blog
2011/01/06 (Thu) 21:47

今日から始まった中央競馬。 メインの東西金杯は中山がハズレ、京都が的中で、去年と全く同じ幕開けとなりました。 「ドモナラズ」が出てこなければOKでしたが、今年の開幕戦で京都金杯をゲッツ!して、ル...

CW馬なりにて歩む
2011/01/06 (Thu) 22:34

競馬ファンの皆様、明けましておめでとうございます。中央競馬の2011年シーズンが5日に開幕しました。この日は新春恒例の重賞競走「金杯」が中山競馬場と京都競馬場で行われました。2011年最初の重賞ウィナーは一体どの馬なんでしょうか? 第60回日刊スポーツ賞中山金?...

日刊魔胃蹴

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する