競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【競馬予想】第49回京都金杯

京都金杯の予想も。

本命は前走キャピタルSで復活の◎サンディエゴシチー。2歳時にはデビューから札幌2歳Sまで無傷の3連勝、クラシックでの活躍も期待したのですが、その後は勝利から遠ざかっていました。しかし、初マイルの前走で久々の勝利。これまた久々にサンディエゴシチーの手綱を取った藤岡佑介騎手がレース後のコメントの中で「マイル適性がありますね。」と言っているように、これまでの不振は距離適性を無視してクラシックを使われたためなのかも。

対抗は昨年の勝ち馬○ライブコンサート。前走マイルCSでも5着に好走。それに鞍上の岩田騎手は昨年と3年前の京都金杯を制するなどこのレースとの相性は抜群。

前走久々の阪神Cで一叩きした▲リーチザクラウン。その阪神Cでは7着に敗れたものの、武豊騎手がレース後「今日はしっかり折り合ってレースをしてくれました。次に繋がるレースになったと思います。こういったレースをしていけばもう少し距離が延びても大丈夫だと思います」(ラジオNIKKEI)とコメントしているように久々の前走は折り合いを重視していた様子。距離が伸びるマイルのここならもう少し上位が狙えるはず。

最軽量ハンデで紅一点の△ショウリュウムーン。前走の鳴尾記念でも牡馬相手に頑張りましたが、この馬はどちらかというとマイルの方が良さそう。

最後に前走ファイナルSでシルポートの2着の×ダンツホウテイ。この馬は過去の成績を見ても阪神より京都が合っていそう。

予想
◎サンディエゴシチー
○ライブコンサート
▲リーチザクラウン
△ショウリュウムーン
×ダンツホウテイ
スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク

TRACKBACK

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  京都金杯(11年)予想
  • 展望ポイント 『グレイソヴリン(GS)系』 展望はこちら
  • 2011.01.05 (Wed) 14:20 | 血統適性blog

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply