【レース回顧】第55回有馬記念他

毎年のことですが、有馬記念が終わると今年ももう終わりかぁという何だかしんみりした気分になります。そう言うと、夫は「どうせ年が明けたらすぐ金杯があるでしょ」と呆れ顔。まあ、そうかもしれないけど、でも微妙に違うんですよね。やっぱり有馬記念というのは、特別なレースなんですよ。

その特別なレースを制したのは、皐月賞馬ヴィクトワールピサでした。予想段階で距離がどうかと思いつつも、最内枠を引いたという運はあると思っていました。そして、まさにその内枠の利を最大限に生かしたデムーロ騎手の好騎乗が、ゴール前のブエナビスタの猛追をわずかに退けての、大きな勝利につながりました。

さて、その有馬記念について。まずスタートのゲートが開く瞬間に多くの人々の注目を集めたペルーサですが、ある意味期待を裏切り(笑)絶好のスタートを切りました。ちなみにようやくまともにスタートすることが出来てさぞかし安藤騎手も喜んだだろうと思いきや、「ゲートは出てくれたが、今までこんな位置で競馬をしたことがないから、少し戸惑っていた。」というコメント(サンスポ)をしたようです(笑)。

これといった逃げ馬不在の中、果敢にハナに立ったのは三浦皇成騎手のトーセンジョーダン。さらに横山騎手騎乗で同じジャンポケ産駒の先輩馬であるオーケンブルースリがこれに続きました。好スタートをきったペルーサも好位につけ、縦長の展開になるもペースは落ち着きスローな流れに。

一方、勝ったヴィクトワールピサはデムーロ騎手がペースが遅いと判断したのか、それともヴィクトワールピサがかかってしまったのか、とにかくハナに立つトーセンジョーダンに並びかけ直線では内で粘るトーセンジョーダンを振り切り、外から迫る同じ3歳馬のトゥザグローリー、さらに外からすごい脚で追い込んできたブエナビスタを追い上げを凌いで見事にグランプリを制覇しました。

掲示板にのった馬はブエナ以外が全て逃げあるいは先行馬という前残りの競馬ではありましたが、途中まくるように前に上がっていき、そのまま押し切ったヴィクトワールピサはやはり皐月賞馬、力がありますね。ただ、2着に敗れたブエナビスタもさすがというところを見せてくれました。

私の本命馬ルーラシップはというと、ゲートは普通に出たものの行き脚がつかない感じでスタート直後に位置取りは後方になってしまいました。ルメール騎手がある程度前につけてくれるだろうと思っていたので、正直あの位置取りになってしまったことにガッカリ。道中で一度は前に上がっていったもののそれも中途半端になってしまうという、ちょっとチグハグな騎乗になってしまいました。結局、直線でじわじわ脚を伸ばしたものの6着まで。

14番人気とブービー人気ながらトゥザグローリーは母トゥザヴィクトリーと同じ3着と大健闘。先行馬有利の流れだったとはいえ、JC2、3着馬と渡り合ったのは立派。

ヴィクトワールピサの父ネオユニヴァースでダービー、スクリーンヒーローでJC、そして今回ヴィクトワールピサで有馬記念を制したことで、日本のG1の中でも特別なレースを完全制覇出来たことで、喜びもひとしおだったのか、涙ぐむデムーロ騎手の姿が印象的でした。
それにしても、デムーロ騎手の喜びあふれる勝利ジョッキーインタビュー、見ているこちらまで嬉しくなってしまいました。片言の日本語で「アリガトゴザイマス」って言うのもかわいいし(*´∀`)

結果
1着×ヴィクトワールピサ(2番人気)
2着○ブエナビスタ(1番人気)
3着 トゥザグローリー(14番人気)
4着 ペルーサ(3番人気)
5着△トーセンジョーダン(7番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6着◎ルーラーシップ(6番人気)
13着▲ドリームジャーニー(4番人気)


土曜日のラジオNIKKEI杯2歳Sについても。

本命のオールアズワンは札幌2歳S勝ち以来久しぶりのレースでしたが、惜しい2着と健闘してくれました。勝ち馬とは切れ味の差でしょう。もう少し流れていれば、押し切れたかも。ですが、やはり能力のある馬。ここを叩いたことで上向けば次も楽しみ。

勝ったのはディープインパクト産駒のダノンバラード。直線では大外を回らず真ん中どころから上手く追い出せたのも良かった。POG馬が重賞制覇したというのももちろん嬉しいのですが、ディープ産駒初の重賞制覇が、武豊騎手&池江泰郎調教師のコンビだったというのも感慨深い。

対抗にしたユニバーサルバンクは直線に入っても余力十分の様子でしたが、前の馬につまづいてしまい、その後は鞍上のスミヨン騎手も追うのをやめたせいかズルズルと後退して14着と大敗してしまいました。

ラジニケでは馬連的中で、有馬記念の資金が出来た♪と喜んだのですが・・・。

結果
1着×ダノンバラード(4番人気)
2着◎オールアズワン(2番人気)
3着 コティリオン(5番人気)
4着△ウインバリアシオン(3番人気)
5着 アドマイヤコリン(9番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10着▲イデア(8番人気)
14着○ユニバーサルバンク(6番人気)
スポンサーリンク
関連記事

Trackback

2010/12/27 (Mon) 17:44

皐月賞馬で前走JC3着。2番人気の馬にこの言葉を使うべきじゃないんでしょうけど、これは大金星といっていいんじゃないでしょうか? 最強牝馬を退け最強世代が有馬も勝利!有 ...

ニュータイプ的競馬
2010/12/27 (Mon) 21:11

 まあ、自分の馬券的な感想から先に言えば、ヴィクトワールピサが上位にいた時点で「終わっていた」訳でして(汗)。もう、向正面あたりで先団のいい位置で走っているのを見て「やられた!?」と思ったくらいで...

Ali della liberta (in Stadio)
2010/12/27 (Mon) 22:14

第55回 有馬記念(GI) 1着 1×ヴィクトワールピサ 2着 7○ブエナビスタ 3着 11…トゥザグローリー 枠連     1-4     480円 3連単   1-7-11   60,770円 なるほど強 ...

カンマネの安心できるかわからないブログ
2010/12/27 (Mon) 22:15

最後は写真判定となりましたが、ヴィクトワールピサが2センチ差を残して皐月賞以来の勝ち鞍をあげた有馬記念。 02年のシンボリクリスエス以来の3歳馬制覇に終わりました。 しかし、お手馬重複?先約?でロー...

CW馬なりにて歩む
2010/12/27 (Mon) 22:32

2010年の中央競馬のラストを飾る大一番・第55回有馬記念(GI・芝2500m 15頭立て)が26日、中山競馬場で行われました。オグリキャップの伝説的ラストランから20年が経った今年は、ジャパンカップで因縁が生まれた?ブエナビスタと?ローズキングダムの再戦に注目が集まった?...

日刊魔胃蹴

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する