アヴェンチュラ右前脚骨折、全治6カ月・・・

朝から非常に残念なニュースを目にしてしまいました。先週のG1阪神JFで4着に入ったアヴェンチュラがレース後に右前脚を剥離骨折していることが判明したそうです。全治はおよそ6カ月ということで、角居調教師は「来春のクラシックは厳しいと思います」とコメント。さらに「今後は北海道のノーザンファームで手術する予定」だそうです。

阪神JF当日の馬体重が前走時からマイナス12キロと大きく体を減らしていましたし、やはり体調に不安があったのでしょうか。そうだとすれば、レースでの負担が大きかったのかもしれませんね。

POG馬の故障は、ホーマンフリップに続いて2頭目(´・ω・`)

今シーズンのPOGで指名している牝馬の中で春のクラシックでの活躍が最も期待出来そうなのがアヴェンチュラだっただけに残念ではありますが、無事に完治して再びターフに戻って来てくれるよう願います。

こうなったら、牝馬ではエアグルーヴの娘グルヴェイグに期待するしかないか。もしくはセレブリティが2戦目で激変してくれるとか・・・。

あ、それから朝日杯FSでリアルインパクトに騎乗するのは、フラン・ベリー騎手ではなくフランシス・ベリー騎手が正しいみたいですね。JRAニュースに「フランシス・ベリー騎手に短期騎手免許交付」とありました。
有馬記念への出走を表明したNHKマイルC勝ち馬のダノンシャンティの鞍上もベリー騎手のようです。
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する