朝日杯FSでのリフトザウイングスの鞍上

今週行われる2歳G1朝日杯フューチュリティステークスに登録しているPOG馬のうち、このまま順調なら出走確定なのがリアルインパクトとリフトザウイングスの2頭。

前走京王杯2歳S2着のリアルインパクトに騎乗するのは、アイルランドのフラン・ベリー騎手。私はフラン・ベリー騎手の名前を今回初めて知ったのですが、今年のシャーガーカップでは、最多ポイント獲得騎手に贈られるシルバーサドル賞を受賞するなど実力あるジョッキーのようですね。

そして、前走東スポ杯2歳S2着のリフトザウイングスの朝日杯FSでの鞍上ですが、やはりルメール騎手のようです。ひょっとしたら何かの間違いで、本当は武豊騎手が騎乗するのではないかというわずかな期待を持っていたのですが、サンスポの想定でもルメール騎手になっていますし、今日のスポニチの記事の中に「東京で2着後、中山に替わり、ルメールを背に逆転に挑む状況は、当時の父と同じ。歴史的Vの再現はなるか。」という一文もありました。これはもう諦めるしかないですね(ノД`)

関係者でもなんでもない単なる競馬ファン&武豊ファンなので、確かなことは何も分かりませんが、橋口調教師が武豊騎手をおろすとは考えにくい、というかそうであって欲しくないです。例えばオーナーサイドの意向、あるいは武豊騎手がもともと除外対象馬のどれかに騎乗する予定だったなどの理由ならいいのですが。ただ、武豊騎手がG1に出走する可能性が極めて低い他のお手馬のために出走確実なリフトザウイングスを手放すというのもかなり無理があるような気がするので、一番可能性が高そうなのはやはりオーナーサイドの意向でしょうか?

土曜の阪神Cでは武豊騎手とリーチザクラウンのコンビが復活しますし、武豊騎手と橋口厩舎との関係には特に変わりはなさそう。

一方、前走ルメール騎手の騎乗で千両賞を制したリベルタスは4/5の確率で抽選を突破すれば朝日杯FSに出走可能なのですが、そうなれば鞍上は福永騎手のようです。

ダノンバラードは上位馬が多数回避でもしない限り、残念ながら除外でしょうね(´・ω・`)

それにしても最近は厩舎やオーナーがドライになったのか、主戦騎手が固定されることが少なく、馬と騎手というコンビを応援する楽しみが少なくなった気がします。そういう意味では先日のJCDで2着になったグロリアスノアのオーナーがG1という大舞台で厩舎が予定していた外国人騎手ではなく小林慎一郎騎手に再びチャンスを与えてくれたというのは、ちょっと嬉しくなるような話題でした。
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する