競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【競馬予想】第23回武蔵野ステークス

武蔵野Sの本命は、およそ9ヶ月半の長期休養明け◎グレンツェント。5着に敗れた新馬戦以外全てダートで、レパードS、東海Sなどの重賞も制覇、ダート路線を順調に歩むかと思われたが、その後はさっぱり。しかし、長期休養明けもしっかりと乗り込まれているようだし、ここでいきなり好走してもおかしくない実力はある。休み明けが嫌われて人気にはならないようなので、狙ってみたい。

対抗は、グレンツェントと同じネオユニヴァース産駒の○ウェスタールンド。初の東京ダート(芝は青葉賞8着)がどうかだが、3走前からダート路線に変更、2連勝で前走は重賞シリウスSで2着に入った。どうやらダート向きだったようだ。

昨年の覇者▲インカンテーション。

△メイショウウタゲは、昨年のこのレースでは8着に敗れたが、東京ダート1600mのアハルテケSを勝っている。その時は直線で前がふさがり馬を外に持ち出すのにやや手こずったが、追われてからの末脚は見所があった。芝で行き脚がつくからある程度の位置には付けられるが、スタートがそれほど上手くなさそうなので、今回の外枠はいいかもしれない。

押さえにルメール騎手騎乗×ナムラミラクル。


予想
◎グレンツェント
○ウェスタールンド
▲インカンテーション
△メイショウウタゲ
×ナムラミラクル
スポンサーリンク
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply