競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【競馬予想】第66回阪神大賞典

阪神大賞典の本命は◎クリンチャー。主戦の藤岡佑介騎手から武豊騎手に乗り替わり。武豊ファンとしてはキタサンブラックが引退した今、中長距離路線で活躍できる新たな相棒が欲しいと思っていたので、このチャンスを逃さないで欲しいという想いも込めての本命です(笑)。ただ、前走勝った京都記念が重馬場、2着に入った菊花賞が不良馬場と好走したここ2戦の馬場がいずれも悪かったので、良馬場の切れ味勝負になってどうかというがちょっと気になる。
対抗はハーツクライ産駒の○サトノクロニクル。ハーツクライ産駒ではシュヴァルグランが一昨年のこのレースを勝っている。

スタミナ勝負になったら強そうな▲アルバート。

アルバートと同じ母父ダンスインザダークの△ヤマカツライデン。シンボリクリスエス×ダンスインザダークで、こちらもスタミナ勝負になれば面白そう。

押さえに×レインボーライン。


予想
◎クリンチャー
○サトノクロニクル
▲アルバート
△ヤマカツライデン
×レインボーライン
スポンサーリンク
関連記事

TRACKBACK

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  阪神大賞典予想 byびぜんや
  • 金曜日は東京に出張でした。 翌日は休みだし、少し東京を徘徊してから帰るかということで、普段よりちょっと遅め、新宿午後8時発の「スーパーあずさ」の指定席を予約していたのですが、これがこれまで同列車に使われていた「E351系」電車の最終運行なのだと、地元紙の記事で知りました。 というわけで新宿駅にやってくると、なるほどホームにはカメラを持った人が大勢。出発時刻になると、こちら側のホームにも、...
  • 2018.03.18 (Sun) 11:40 | 週刊萌馬

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply