競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【競馬予想】第36回中山牝馬ステークス

中山牝馬Sの本命はステイゴールド産駒◎ワンブレスアウェイ。前走の愛知杯では大外枠のスタートから前半やや脚を使って好位に取り付き、直線で早めに先頭に立ったもののゴール前で差されて6着に敗れた。2走前のターコイズSの敗因はスタートの出遅れか。中山芝1800mはスピカSを勝っている。前走で騎乗した津村騎手がレース後に「1800mくらいがベストかもしれません」とコメントしたようだし、距離短縮はプラス。直線の短い中山も合うのでは。
対抗は2着続きの○フロンテアクイーン。前走もゴール前あと一歩のところで差されてクビ差の2着。2着付けで狙うのも面白いかもしれない。

前走の愛知杯では1番人気に推されながら3着に敗れた▲マキシマムドパリ。その前走では1コーナーで外から被され手綱を引く場面があった。それでも直線ではトップハンデを背負いながらも大外から追い込んで3着に入ったように地力はある。

ひと叩きでの変わり身に期待してみたい4歳馬△カワキタエンカ。

押さえに昨年の覇者×トーセンビクトリー。昨年は53キロと軽量、武豊騎手の好騎乗もあった。斤量56キロでどこまで。


予想
◎ワンブレスアウェイ
○フロンテアクイーン
▲マキシマムドパリ
△カワキタエンカ
×トーセンビクトリー
関連記事
スポンサーリンク

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply