ルメール騎手、レイデオロで日本ダービー初制覇!

28日に東京競馬場で行われた第84回東京優駿。

横山典弘騎手が騎乗するマイスタイルがハナに立ったものの、前半1000mの通過タイムは1分3秒2の超スローペース。この流れを察知していち早く動いたのが2番人気のレイデオロに騎乗するルメール騎手。後方から捲るように一気に2番手まで押し上げた。

同じく後方集団にいた1番人気のアドミラブルに騎乗するデムーロ騎手もレイデオロの後を追うかのように動いたが、中団に留まった。

その後は特に大きな動きもなく、依然としてゆったりとした流れのまま直線へ。

170528_1.jpg

結局、直線で早めに先頭に立ったレイデオロがそのまま押し切る形となった。

2着にスワーヴリチャード、アドミラブルは上がり最速の33.3秒の末脚で追い込むも3着に入るのが精一杯だった。

今回の流れを作り出した横山騎手騎乗のマイスタイルは14番人気と人気薄ながら4着に粘った。


170528_2.jpg

勝ったレイデオロはもちろん強かったが、人気馬に騎乗しながらも自ら積極的に動いていったルメール騎手の攻めの騎乗が功を奏した。

ルメール騎手、藤沢和雄調教師ともに日本ダービー初制覇おめでとうございます!

それにしても、ヴィクトリアマイル、オークス、ダービーと3週連続G1勝利のルメール騎手は本当にすごい。


一方、私の本命馬カデナは残念ながら道中は後方待機のまま、直線で追い込むも11着に敗れた。皐月賞よりも人気を落としたことで福永騎手が気楽に騎乗出来るのではないかと期待したのだが…。


レース後のコメント。

1着 レイデオロ(ルメール騎手)
「フランスでダービーを1回勝っていますが、日本のダービーを勝つことが出来て嬉しいです。普通の乗り方でも良いのですが、スタートが良くないので後ろのポジションになりました。ペースが遅かったので、馬もリラックスしていたのでポジションを上げて行きました。直線もよく反応してくれました。ファンの声もすごかったです。ラスト100mで勝ったと思いました」

2着 スワーヴリチャード(四位騎手)
「残念です。理想はあの位置でしたが、流れが欲しかったです。勝負どころで馬が6枠の2頭を捕まえに行きませんでした。直線、いい脚でしたが、レイデオロに並ぶまでには行きませんでした。左回りは良かったです」

3着 アドミラブル(M.デムーロ騎手)
「ついてないです。外枠で遅い流れになってしまいました。勝ち馬と一緒に動きたかったです。最後まで頑張ってくれたのですが...」

4着 マイスタイル(横山典騎手)
「馬の感じは良かったですし、よく頑張ってくれました」

5着 アルアイン(松山騎手)
「スタート良く、道中もすごくいいポジションを取れたのですが、そこから自分が何も出来ませんでした。申し訳ないです」

6着 ダンビュライト(武豊騎手)
「流れが遅すぎました。自分は内にいて動けませんし...」


11着 カデナ(福永騎手)
「想定している流れではありましたが、対応出来ませんでした」


(引用元:http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_11861.html)

動けなかった、何も出来なかった、対応出来なかったというコメントが目立ちますね。


予想と結果
1着▲レイデオロ(2番人気)
2着 スワーヴリチャード(3番人気)
3着 アドミラブル(1番人気)
4着 マイスタイル(14番人気)
5着△アルアイン(4番人気)

6着×ダンビュライト(7番人気)
7着◯ペルシアンナイト(6番人気)
11着◎カデナ(8番人気)


目黒記念までルメール騎手が制するとは。何だかルメール騎手に逆らうだけ無駄のような気がしてきました(笑)

予想と結果
1着 フェイムゲーム(8番人気)
2着◎ヴォルシェーブ(1番人気)
3着△ハッピーモーメント(13番人気)
4着 クリプトグラム(6番人気)
5着 レコンダイト(17番人気)

7着◯カフジプリンス(4番人気)
9着×ウムブルフ(2番人気)
11着▲サラトガスピリット(5番人気)
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する