松山騎手、皐月賞初騎乗初制覇!G1勝利も初!

16日に中山競馬場で行われた第77回皐月賞。

1番人気に推されたのは紅一点のファンディーナ。皐月賞まで3戦3勝と負け無し、しかもその勝ちっぷりがすごいということもあってか、牝馬ながらも人気を集めていました。

一方、私の本命馬は前哨戦スプリングSを制したステイゴールド産駒ウインブライト。

ウインブライトの鞍上松岡騎手は、4コーナー手前辺りから積極的に動いて直線入口で先行集団を捕らえられる位置を取るというレース前に私が思い描いた通りの騎乗をしてくれたのですが、残念ながら前の馬との差を縮めることは出来ませんでした。


170416_1.jpg

1番人気のファンディーナは直線で一度は先頭に立ったものの、馬群に沈みました。

これまで揉まれるような激しいレースの経験がないファンディーナの人気を疑ってかかった私は今回は無印にしていましたが、やはりG1。そう甘くはありませんでした。


170416_2.jpg

ゴール前の叩き合いを制したのは9番人気のディープインパクト産駒アルアイン。

2着にデムーロ騎手騎乗のペルシアンナイト。3着に12番人気と人気薄のダンビュライトが入ったため、3連単の配当は1,064,360円と100万円を超えました!

ダンビュライトの鞍上はG1での好騎乗が続く武豊騎手。


170416_3.jpg

松山騎手は今回が皐月賞初騎乗で初制覇。しかもG1勝利も初めてということで喜びもひとしおのようでした。


レース後のコメント。

1着 アルアイン(松山弘平騎手)
「少し信じられない気持ちです。今まで関係者の皆様にすごくチャンスをもらっていましたが、去年もGIは2着2回で、早く勝ちたいと思っていました。今日は3~4コーナーの馬場の悪いところで手応えが少し悪くなりましたが、直線に向いてしっかり伸びてくれました。自分が必死に追ったせいで馬が外によれましたが、後半はよく頑張ってくれました。毎日杯は休み明けでしたがしっかり走っていましたし、馬自体成長していました。自在性のある乗りやすい馬です。距離が伸びても大丈夫です。馬と一緒に頑張って行きたいです」

2着 ペルシアンナイト(M・デムーロ騎手)
「1コーナーと3~4コーナーでスムーズにできませんでした。勝ち馬は強かったです。折り合いは問題ないと思います」

3着 ダンビュライト(武豊騎手)
「いつも通りのレースができて、良さを生かせました。タイムがもう少しかかってほしかったですが、反応はしてくれていました」


(引用元:http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_11541.html)


私は藤沢厩舎の2頭レイデオロとサトノアレスに重い印を打ったのですが、同じ2頭出しの池江泰寿厩舎のアルアインとペルシアンナイトのワンツーで決まってしまいました。

デムーロ騎手は2着に敗れたとはいえ、やはり皐月賞の乗り方を分かっているなと改めて思いました。来年も騎乗するのなら注意が必要でしょうね。

武豊騎手も初騎乗ながらダンビュライトの良さを引き出す好騎乗だったと思います。こういう所で武騎手の馬に印を打てなかったのがファンとして悔しい。


予想と結果
1着 アルアイン(9番人気)
2着△ペルシアンナイト(4番人気)
3着 ダンビュライト(12番人気)
4着 クリンチャー(13番人気)
5着◯レイデオロ(5番人気)

8着◎ウインブライト(6番人気)
11着▲サトノアレス(8番人気)
16着×マイスタイル(14番人気)
スポンサーリンク
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する