【競馬予想】第61回阪急杯

阪急杯の本命は昨年の3着馬◎ブラヴィッシモ。その昨年は逃げるミッキーアイルを見ながら好位で競馬をし、直線でじわじわと詰め寄った。溜めて切れるタイプではないので、昨年のようなレースが理想。前走のシルクロードSもじわじわと伸びてはいるが、直線に入った時にもう少し早めに前を捕らえられる位置に付けていなければこの馬にはやはり厳しいだろう。前を捕らえられないだけでなく、後ろから来る切れる脚のある馬に交わされてしまい9着に敗れた。1400mなら好位を取りやすいのでは。鞍上は初コンビとなる武豊騎手。ファンとしては金子オーナーの勝負服で重賞を勝ってもらいたい。

対抗は◯シュウジ。前走阪神Cでは7番人気ながらG1馬イスラボニータをゴール前で差し切った。1400mで敗れたのは不良馬場で行われたファルコンSだけ。距離は1200mより1400mが合っているようだし、ここでも期待。

穴っぽいところで▲メドウラーク。デビューからずっと芝の中距離を使われていて、4連勝したこともあったがその後はパッとしない成績が続いたからか、ダートを使ってみたり芝のマイルを使ったりとどうやら陣営も試行錯誤の様子。5着に敗れた前走の洛陽Sでは難なく好位に付けていたしゴール前では一度は先頭に立った。あの行きっぷりを見ると、短い距離は合っていそう。今回の鞍上は前走に続いてフォーリー騎手。そのフォーリー騎手が前走のレース後に「ストライドの大きな馬が内で包まれて、ぎこちない走りになってしまいました。これでは弾けません。マイルも合っていますし、オープンでも好勝負出来る馬です」(引用元:http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_10969.html)とコメントしていた。外枠に入った今回フォーリー騎手がどんな騎乗をするのかにも注目したい。

マイルよりも1400mが合っていそうな△ロサギガンティア。

押さえに×ミッキーラブソング。


予想
◎ブラヴィッシモ
◯シュウジ
▲メドウラーク
△ロサギガンティア
×ミッキーラブソング
スポンサーリンク
関連記事

Trackback

2017/02/26 (Sun) 14:26

中山・・ツクバアズマオー 阪急・・ミッキーラブソング

浪花のクマさん 穴馬券

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する