競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【競馬予想】第67回ダイヤモンドステークス

本命はハーツクライ産駒の4歳馬◎カフジプリンス。ダイヤモンドSといえばハーツクライ産駒と言っても良いぐらいこのレースで結果を出している。2013年の勝ち馬アドマイヤラクティ、2014&15年勝ち馬フェイムゲームはどちらもハーツクライ産駒。ファイムゲームは3連覇こそならなかったが、昨年も2着に入っている。今年出走するハーツクライ産駒は3頭。フェイムゲームは得意の舞台ならまだまだ走れそうだが、ここは勢いのある4歳馬カフジプリンスに期待したい。2500m以上で2勝するなどスタミナに問題なし。8着に終わった菊花賞も直線で内のごちゃついた所に突っ込んで思うように追えず脚を余した様子だった。東京では芝2300mの新緑賞を勝っているが直線で追われてから長くいい脚を使っておりコースも合う。先週東京競馬場で行われたクイーンC、共同通信杯をハーツクライ産駒が勝っているのも心強い。

対抗は◯フェイムゲーム。何と言ってもダイヤモンドSでは2勝2着1回という相性の良さ。近走の成績は振るわないが得意のレースでの好走は十分ありそう。カフジプリンスとのハーツクライ丼を狙う。

ムーア騎手騎乗の▲アルバートはステイヤーズSを勝っているようにスタミナは十分でアルゼンチン共和国杯でシュヴァルグランの2着に入るなど東京コースとの相性も悪くない。

△ファタモルガーナは前走ステイヤーズSではゴール前での叩き合いの末にアルバートに敗れてしまったが、あの首差は鞍上の力差か。今回アルバートとの斤量差は2キロとステイヤーズSよりもさらにこちらが1キロ軽くなる。ダイヤモンドSは2012年6着、2014年2着、2016年3着となかなかの好成績。明け9歳とは言え年の割にはそれほどレースに使われいないためまだまだ走れそう。

押さえにメイショウサムソン産駒の×サムソンズプライド。スタミナ、コースとも問題なさそう。


予想
◎カフジプリンス
◯フェイムゲーム
▲アルバート
△ファタモルガーナ
×サムソンズプライド
スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク

TRACKBACK

3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ダイヤモンドSの予想 買いデータ&データ消去法まとめ
  • [AD]究極情報放出!フェブラリーS(G1)の穴馬はこれだ! ダイヤモンドSの予想 買いデータ&データ消去法まとめ ・今週のMRランク1位 ・チェック馬(2月18日〜19日) ・ダイヤモンドSデ ...
  • 2017.02.18 (Sat) 08:47 | 激走!データ競馬ブログ
この記事へのトラックバック

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply