My Sweet KEIBA

競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

ARCHIVE

archive: 2018年10月  1/2

【競馬予想】第158回天皇賞(秋)

No image

秋天の本命は、昨年のダービー馬◎レイデオロ。前哨戦のオールカマーは早めに抜け出したアルアインを内から差し切った。休み明けのレースとしてはまずまずの動き。ひと叩きでさらに上向くはず。もしかしたら少頭数で緩い流れになるかもしれないが、そうなればダービーのように自ら動いて押し切ることも出来るだろう。ルメール騎手2度目の3週連続G1制覇となりそう。対抗は、一昨年のダービー馬○マカヒキ。前走の札幌記念で復調の兆し...

【競馬予想】第61回毎日放送賞スワンステークス

No image

スワンSの本命はタイキシャトル産駒◎ベステンダンク。障害帰りで米子Sを逃げ切り勝ち。しかし続く京成杯AHでは14着と大敗。フロックかと思いきや前走のポートアイランドSでは2着に入った。昨年のスワンSは重馬場もあったのか11着に敗れたが、京都コースは得意で芝1400mでの勝利もある。ちなみに先日購入した『田端到・加藤栄の種牡馬事典〈2018‐19〉』のタイキシャトルのページで「特注馬」の1頭にベステンダンクが取り上げられて...

【競馬予想】第7回アルテミスステークス

No image

アルテミスSの本命は、阪神マイルの新馬戦を快勝した◎ビーチサンバ。クロフネ×フサイチエアデールと言うと、かつてPOGで指名したフサイチリシャールの全妹になる。しかし、残念ながらフサイチリシャール以降はフサイチエアデールの仔に目立った活躍馬はいない。それはさておきクロフネ産駒は東京芝1600mの適性があるはずで、前走のように早めの競馬で押し切って欲しい。対抗は新馬から2連勝の○グレイシア。内枠に入ったし、ここは...

田端到・加藤栄の種牡馬事典 2018‐19

3年振りに『田端到・加藤栄の種牡馬事典』を購入。2015‐2016ではさすがにデータが古くなってきたと思っていたので。『田端到・加藤栄の種牡馬事典 2018‐19』。お値段2,700円(税込)。安くはないし、そうそうデータが大きく変わる訳ではないので、毎年ではなく大体隔年で購入している。『田端到・加藤栄の種牡馬事典』が出版された頃からずっとこの種牡馬事典一筋なのだけど、今回3年振りに買ってみたら、リニューアルされていた。...

第158回天皇賞(秋)枠順確定!

No image

10月28日に東京競馬場で行われる第158回天皇賞(秋)の枠順が確定しました。1枠 1番 ステファノス    C.オドノヒュー     2枠 2番 ブラックムーン   横山典弘3枠 3番 ヴィブロス     福永祐一4枠 4番 レイデオロ     C.ルメール4枠 5番 スワーヴリチャード M.デムーロ5枠 6番 マカヒキ      武豊5枠 7番 アルアイン     北村友一6枠 8番 ダンビュライト   ...

【競馬予想】第79回菊花賞 本命は神戸新聞杯2着のあの馬

No image

菊花賞の本命は前走神戸新聞杯で2着に入った◎エタリオウ。その前走は初騎乗のデムーロ騎手がエタリオウの脚を測った印象。最後方から外を回してはさすがにダービー馬を差し切れなかった。ステイゴールド産駒で距離伸びても大丈夫そう。2着続きに終止符を打つのはG1菊花賞だ。先週の秋華賞、今日の富士Sとルメール騎手の活躍にデムーロ騎手も奮起するはず。対抗はモレイラ騎手騎乗の○グロンディオーズ。ルーラーシップ産駒と言えば...

【競馬予想】第21回富士ステークス

No image

富士Sの本命はディープインパクト産駒の牝馬◎レッドアヴァンセ。前走のヴィクトリアマイルは一旦先頭に立ったもののゴール前で差されて3着に敗れた。東京マイルはユートピアSを勝っており相性は良い。何が何でもという馬が見当たらず緩い流れになりそうなので、ディープ産駒らしい末脚で今度はゴール前で差し切りたい。対抗もディープインパクト産駒の牝馬○ワントゥワン。東京マイルは2戦していずれも馬券の対象になっていない。し...

第79回菊花賞枠順確定!

No image

福永祐一騎手が出演した『グッと!スポーツ』を観たのですが、ワグネリアンで制したダービーを福永騎手自らの解説で振り返ったり、武豊騎手からのコメントVTRもあったりで面白かったです。福永騎手が武将好きって初めて知りましたが、クイズの時に独眼竜政宗のコスプレをさせられていたのには笑いました。そして、北橋元調教師とのエピソードにはグッときました。その福永騎手とダービーを制したワグネリアンは不在となる第79回菊...

【競馬予想】第23回秋華賞 本命はローズS2着のあの馬

No image

史上5頭目の牝馬三冠達成の瞬間は観たいが、秋華賞の本命はローズS2着の◎サラキアにする。ゲートの出が悪くスタートで出遅れる不安はあるものの、直線で見せる末脚の鋭さはさすがディープ産駒。2走前の小倉の青島特別では500万下ではあるが2着に3馬身半差をつけてレーコードで圧勝。アーモンドアイは確かに強いが、サラキアの末脚に賭けてみる。ということで、対抗は牝馬三冠達成を目指すルメール騎手の○アーモンドアイ。武豊騎手...

【競馬予想】第66回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス

No image

府中牝馬Sの本命は、ルメール騎手騎乗の◎ディアドラ。クイーンSでひと叩き。しかも勝っている。スローの直線ヨーイドンになってしまったらディープ産駒相手には分が悪いかもしれないが、昨年逃げ切り勝ちを果たしたクロコスミアが最内枠に入ったので前でレースを進めそうだし、カワキタエンカあたりもハナに立ちそうなので、それなりのペースになるのではないかと予想。それならディアドラの末脚が活きるだろう。おそらく人気にな...