My Sweet KEIBA

競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

ARCHIVE

archive: 2018年03月  1/2

【競馬予想】第62回大阪杯

No image

ダービー卿CTで本命にしたミュゼエイリアンは16着と最下位に終わってしまいました。先行勢から唯一キャンベルジュニアが2着に粘りましたが、逃げ・先行馬にとって厳しい展開になってしまいました。大阪杯の本命は◎ペルシアンナイト。1番人気に推された前走の中山記念はスタートで出遅れ最後方からの競馬。4コーナーで大外を回って上がり最速の末脚で追い込むも5着に入るのが精一杯だった。その前走の負けもあって、今回は人気を落...

【競馬予想】第50回ダービー卿チャレンジトロフィー

No image

第50回ダービー卿チャレンジトロフィーの本命は◎ミュゼエイリアン。前走の東風Sの勝利は、実に3年ぶりの勝利だった。その前走東風Sは、今回と同じ中山マイル。ハナに立ってマイペースでレースを運べたことも大きかったのではないかと思うが、4コーナー手前から鞍上のミナリク騎手の手が動いていたのにすぐ後ろに迫る後続に簡単には捕まらず、結局ゴールまで粘り切った。スクリーンヒーロー産駒で、切れ味よりもスピードの持続とス...

第62回大阪杯枠順確定!

No image

4月1日に阪神競馬場で行われる第62回大阪杯の枠順が確定しました。1枠1番 ミッキースワロー  横山典弘1枠2番 サトノダイヤモンド 戸崎圭太2枠3番 ヤマカツエース   池添謙一2枠4番 シュヴァルグラン  三浦皇成3枠5番 ペルシアンナイト  福永祐一3枠6番 スマートレイアー  四位洋文4枠7番 ゴールドアクター  吉田隼人4枠8番 アルアイン     川田将雅5枠9番 トリオンフ     田辺裕信5枠10番 サト...

【競馬予想】第48回高松宮記念

No image

高松宮記念の本命は◎レッツゴードンキ。昨年のスプリントG1では、高松宮記念で2着、スプリンターズSで2着と惜しいレースが続いた。その2戦はいずれも直線で最内を突いた。4枠8番と比較的内の枠に入ったし、今回も内を突けるのでは。昨年は京都牝馬Sからの参戦だったが、今年はダートG1フェブラリーSからの参戦。そのフェブラリーSでは5着と健闘した。ダートからの芝替わりでの激走を期待。ただ、鞍上の岩田騎手は、2015年の桜花賞...

【競馬予想】第66回日経賞

No image

日経賞の本命はハービンジャー産駒の◎トーセンバジル。前走はG1香港ヴァーズで3着と健闘。また、2走前の京都記念ではゴール前でディープインパクト産駒スマートレイヤーの末脚の切れ味に屈したが、スタミナはあるし、中山2500mで早めに押し切る形になれば。今回の鞍上は、テン乗りのデムーロ騎手だが、グイグイ追うデムーロ騎手に合いそう。ここで初重賞制覇なるか。...

第48回高松宮記念枠順確定!

No image

25日に中京競馬場で行われる第48回高松宮記念の枠順が確定しました。1枠1番 セイウンコウセイ  松田大作1枠2番 リエノテソーロ   吉田隼人2枠3番 ブリザード     K.ティータン2枠4番 スノードラゴン   大野拓弥3枠5番 ノボバカラ     武藤雅3枠6番 レッドファルクス  M.デムーロ4枠7番 ナックビーナス   三浦皇成4枠8番 レッツゴードンキ  岩田康誠5枠9番 ファインニードル  川田将雅5枠10番...

【競馬予想】第66回阪神大賞典

No image

阪神大賞典の本命は◎クリンチャー。主戦の藤岡佑介騎手から武豊騎手に乗り替わり。武豊ファンとしてはキタサンブラックが引退した今、中長距離路線で活躍できる新たな相棒が欲しいと思っていたので、このチャンスを逃さないで欲しいという想いも込めての本命です(笑)。ただ、前走勝った京都記念が重馬場、2着に入った菊花賞が不良馬場と好走したここ2戦の馬場がいずれも悪かったので、良馬場の切れ味勝負になってどうかというが...

【競馬予想】第32回フラワーカップ

No image

フラワーカップの本命は、ハービンジャー産駒◎ノームコア。2戦2勝と無敗。福島の芝1800mで行われた新馬戦では、道中2番手に付け、直線の入り口で先頭に立つとそのまま押し切って2着に3馬身半差を付けて快勝。前走の中山芝1600mのアスター賞でも同じような競馬をして、ゴール前で詰め寄られたものの、やはり押し切った。前に行きたそうな馬が他にも何頭かいるようだが、内枠に入ったし、スタートダッシュも良い馬なので、これまで通...

【競馬予想】第54回金鯱賞

No image

金鯱賞の本命は一昨年、昨年と連覇している◎ヤマカツエース。このコースとの相性がよほど良いのだろう。昨年と同じ有馬記念からのこのレース。土曜の中山牝馬Sを6番人気のカワキタエンカで制した池添騎手が気分良く騎乗出来そうだし、強い相手がいるが、コース適性から3連覇しても不思議ではない。...

【競馬予想】第36回中山牝馬ステークス

No image

中山牝馬Sの本命はステイゴールド産駒◎ワンブレスアウェイ。前走の愛知杯では大外枠のスタートから前半やや脚を使って好位に取り付き、直線で早めに先頭に立ったもののゴール前で差されて6着に敗れた。2走前のターコイズSの敗因はスタートの出遅れか。中山芝1800mはスピカSを勝っている。前走で騎乗した津村騎手がレース後に「1800mくらいがベストかもしれません」とコメントしたようだし、距離短縮はプラス。直線の短い中山も合...