Read more

マイルだけじゃない!モーリスが天皇賞(秋)を制する!

30日に東京競馬場で行われたG1レース第154回天皇賞(秋)。ハナに立ったのは、武豊騎手騎乗のエイシンヒカリ。最内枠ということもあったでしょうが、やはり今年は逃げました。その後ろにピッタリとマークするようにラブリーデイ。3番手にロゴタイプ。1000mの通過タイムが60秒8という落ち着いた流れになり、これは前の馬に有利かと思ったのですがエイシンヒカリは直線で馬群に沈んでしまいました。一瞬「おっ!」と思ったのは私の本...

Read more

【競馬予想】第154回 天皇賞(秋)

かなり迷いましたが秋天の本命は◎アンビシャス。宝塚記念では3番人気と人気を集めながらもブービーの16着と大敗。そのレース後のコメントで「長い目で見てやって欲しい」と話していた横山典弘騎手。秋初戦の毎日王冠では最後はルージュバックに差されたもののクビ差の2着。宝塚記念での大敗のショックは無いと見てよさそう。3歳で古馬に挑んだ昨年の秋天では5着。充実の4歳秋、今年はもっと上にいけるはず。対抗は元POG馬◯リアルス...

Read more

【競馬予想】第59回スワンステークス

スワンSの本命はムーア騎手騎乗の◎バクシンテイオー。昨年と同じく北九州記念からだが、昨年の北九州記念では6着だったのに対し、今年は1着でスワンSに向かう。昨年のスワンSでは直線に入ると鞍上シュタルケ騎手の好判断により内に進路を取って狭い馬群を割りゴール前よく伸びたが4着まで。距離は問題なく、7歳馬とはいえまだまだ元気。鞍上に凱旋門賞ジョッキーであるムーア騎手を迎えられたのは心強い。昨年の上位馬とはそれほど...

Read more

【競馬予想】第5回アルテミスステークス

アルテミスSの本命は武豊騎手騎乗の◎リスグラシュー。前走の未勝利戦の勝ちっぷりは見事。前走は直線ですぐに先頭に立ってそのまま押し切った。ゴール前は流す余裕を見せて2着に4馬身の差を付けた。前走でも長くいい脚を使ったがハーツクライ産駒で東京の長い直線は合う。新馬から2戦続けて手綱を取った中谷騎手からの乗り替わり。厩舎も勝負と見ている。対抗は穴っぽいところから◯コーラルプリンセス。父クロフネ、母父フジキセキ...

Read more

第154回天皇賞(秋)枠順確定!

第154回天皇賞(秋)の枠順が確定しました。1枠1番 エイシンヒカリ   武豊2枠2番 クラレント     内田博幸2枠3番 アンビシャス    横山典弘3枠4番 サトノクラウン   福永祐一3枠5番 ロゴタイプ     田辺裕信4枠6番 アドマイヤデウス  岩田康誠4枠7番 サトノノブレス   A.シュタルケ5枠8番 モーリス      R.ムーア5枠9番 ルージュバック   戸崎圭太6枠10番 カムフィー     蛯名正...

Read more

サトノダイヤモンド菊花賞を制する!本命レインボーラインは2着!

23日に京都競馬場で行われた第77回菊花賞。逃げたのはミライヘノツバサ。その後に7枠の3頭サトノエトワール、アグネスフォルテ、エアスピネルが続き、レースは縦長の展開に。4コーナーで外からスッと上がって行ったのはサトノダイヤモンドとディーマジェスティのダービー2&3着馬。内からはエアスピネルが前を行くミライヘノツバサを捕らえにかかる。直線で突き抜けたのはサトノダイヤモンド。皐月賞3着、ダービー2着と勝ちきれな...

Read more

【競馬予想】第77回菊花賞

菊花賞の本命は前走札幌記念3着の◎レインボーライン。札幌記念では直線外から追い込んでの3着。勝ったネオリアリズムには上手く逃げ切られてしまったが、斤量差があったとはいえ2着モーリスにクビ差まで迫った。ステイゴールド産駒で距離延長も何とかなりそう。秋華賞を制して勢いに乗る福永騎手の2週連続G1制覇があるかもしれない。対抗は皐月賞馬◯ディーマジェスティ。同じディープインパクト産駒のサトノダイヤモンドとどちらを...

Read more

【競馬予想】第19回富士ステークス

富士Sの本命はフジキセキ産駒◎イスラボニータ。今回は主戦の蛯名騎手からの乗り替わりでルメール騎手が2014年の秋天以来2度目の騎乗をする。イスラボニータはここ3戦外から追い込んで届かずというレースを続けている。ルメール騎手が騎乗した2014年の秋天では先行して粘り込みをはかっての3着だった。今回は内枠だし、大外をぶん回して差すよりもロスなくインを回って好位で競馬をする方が合っているのではないかと思うのでこの乗...

Read more

第77回菊花賞枠順確定!

第77回菊花賞の枠順が確定しました。1枠 1番 カフジプリンス   岩田康誠1枠 2番 ジョルジュサンク  幸英明2枠 3番 サトノダイヤモンド C.ルメール2枠 4番 シュペルミエール  北村宏司3枠 5番 ミライヘノツバサ  藤岡佑介3枠 6番 ディーマジェスティ 蛯名正義4枠 7番 レッドエルディスト 四位洋文4枠 8番 ミッキーロケット  和田竜二5枠 9番 イモータル     F.ヴェロン5枠...

Read more

ヴィブロス、秋華賞を制し姉ヴィルシーナの雪辱果たす

16日に京都競馬場で行われた第21回秋華賞を制したのは、前哨戦の紫苑S2着馬ヴィブロス。レースはローズSで逃げて2着に粘ったクロコスミアが今回もハナに立ち引っ張る展開。私の本命馬カイザーバルは掛かり気味に前へ上がって行き好位の一角に。1番人気のビッシュは後方待機。直線でカイザーバルが逃げ粘るクロコスミアを捕らえたと思ったところへ外からパールコード、さらにその外からヴィブロスが強襲。勝ったヴィブロスのオーナ...