Read more

エネアド、上がり32秒5の末脚で新馬戦を快勝!

デビュー前ギリギリになって、netkeibaPOGでの指名を決めたディープインパクト産駒のエネアドですが、先週の土曜新潟5Rの新馬戦に出走、見事に新馬勝ちを収めました!エネアドは後方から4番手の位置取りでレースを進め、4コーナー手前で外からじわじわと前へ進出。マイル戦ながら1000mの通過タイムが1分5秒4というスローペースとなり、新潟の長い直線での瞬発力勝負に持ち込まれました。直線を向いたエネアドは、スッと先団に取り...

Read more

【レース回顧】第47回新潟記念&第6回キーンランドC

日曜日に行われた新潟記念を制したのは、武豊騎手騎乗のナリタクリスタル。昨年の覇者が今年もやってくれました。新潟記念の連覇は史上初だそうです。スタートよく飛び出したナリタクリスタルですが、外からサンライズベガが行く構えを見せると、ハナを譲って2番手追走。離れた3番手にオペラブラーボ、ヤマニンキングリーと続きます。私の本命シャイニーブラウンは、スタートで後手を踏んだものの、最内から徐々に位置取りを上げ、...

Read more

【競馬予想】第6回キーンランドカップ

スプリンターズSを目指す馬たちにとって重要なステップレースの一つだけあって、今年も16頭のフルゲートで行われるキーンランドC。ここは、人気でも逆らわず芦毛の牝馬◎カレンチャンを本命にします。前走の函館SSは、着差以上の強さを感じさせる走りを見せての快勝。池添騎手もレース後「イメージより1列位置取りが後ろになった。ジョッキーとして馬を助けることができなかった。でも、最後はまだ余裕があったし強かったね」とコ...

Read more

【競馬予想】第47回新潟記念

今日は、netkeibaPOGで指名したエネアドが、新潟5Rの新馬戦に出走、後方待機で直線大外から差し、デビュー戦を見事勝利してくれました!半兄ブレイクランアウト以上の活躍を期待したいです!!明日、札幌5Rでデビューする総帥期待のマイネルエクレウスのデビュー戦にも注目したいです。指名はしませんが。では、明日の新潟記念の予想を。ズバリ本命は、枠順確定時には一切触れなかった◎シャイニーブラウン。前走の天の川Sでは、前日...

Read more

『野を駈ける光』虫明亜呂無

虫明亜呂無という作家が、競馬好きであるということを知ったのは、今から十数年前、私がまだ大学生の時に買った寺山修司と虫明亜呂無の『対談 競馬論』がきっかけでした。競馬について書いた寺山修司の著作を探していて、本屋で偶然『対談 競馬論』を見つけたのです。ちなみに『対談 競馬論』は引越しの時に他の本と一緒に処分してしまったのか、失くしてしまいました。それ以外では、以前ブログで紹介したことのある『日本の名随...

Read more

第47回新潟記念&第6回キーンランドカップ枠順確定!

第47回新潟記念と第6回キーンランドCの枠順が確定しました!新潟記念の枠順は以下の通り。1枠 1番 シャイニーブラウン  石橋脩2枠 2番 エオリアンハープ   木幡初広3枠 3番 セイクリッドバレー  丸山元気4枠 4番 ヤマニンキングリー  田中勝春5枠 5番 ナリタクリスタル   武豊6枠 6番 オペラブラーボ    中舘英二6枠 7番 タッチミーノット   三浦皇成7枠 8番 プティプランセス   武士沢友治...

Read more

総帥の今年の期待馬!?マイネルエクレウス日曜札幌5Rでデビュー!

さてさて、今年も出てきましたよ、マイネル軍団の総帥こと岡田繁幸氏の期待馬とされる2歳馬が。その名は、マイネルエクレウス。父ロージズインメイ、母マイネエストレヤ(母父スターオブコジーン)の牡馬で、管理するのは、美浦の畠山重則厩舎。スポニチ、UMAJINには、総帥のエクレウスに対する評価が以下のように表現されていました(部分的な抜粋です)。マイネルエクレウスは育成段階から併せ馬で古馬相手に余裕の先着を果たし...

Read more

桜花賞馬マルセリーナ、新パートナー福永祐一騎手とローズSから始動

今年の桜花賞馬マルセリーナと新たなコンビを組むことが決まった福永祐一騎手。福永騎手は、昨日、札幌競馬場で初めてマルセリーナの調教に騎乗、G1馬の走りに納得の様子だったようです。マルセリーナを管理するのは、栗東の松田博資厩舎。松田調教師は、4着に敗れたオークスでの安藤勝己騎手の騎乗にご不満のようでしたから、この乗り替わりにはそれほど驚きませんでした。オークスのレース回顧にも書きましたが、安藤騎手、松田...

Read more

グランデッツァ、デビュー戦は2着…

デビュー戦前日にnetkeibaとUMAJINの両方のPOGで指名したグランデッツァ。グランデッツァは、今年の桜花賞馬マルセリーナの半弟。父はアグネスタキオン。半姉がG1馬というだけで十分注目の一頭になるわけですが、さらに社台の吉田照哉代表が「(アグネス)タキオン産駒の最高傑作になると思う」と語ったということで、デビュー前から大きな注目を集めていました。そんなわけで、私もついついPOGで指名してしまったわけです。しかし...

Read more

【レース回顧】第47回札幌記念&第3回レパードS

夏もまもなく終わりを迎えようとする中、秋のG1を視野に入れた古馬が始動する札幌記念。その札幌記念を制したのは、1番人気に応えたトーセンジョーダン。予想段階で1番人気を嫌ったのは失敗でした。でも、2着に入ったのがアクシオンでは、どちらにしても外れですけど。レースを引っ張ったのは、重賞2連勝と勢いに乗る8歳馬キングトップガン。流れも落ち着き、これは横山騎手にまんまとしてやられたかと思ったのですが、直線に入っ...