Read more

【レース回顧】第51回 宝塚記念

宝塚記念を制したのは、ステイゴールド産駒のナカヤマフェスタでした。隣の枠に入っていた昨年の覇者ドリームジャーニーではなく。でも、とにかくこれで2年連続ステイゴールド産駒が宝塚記念を制することになりました。逃げたのはナムラクレセント。私が本命にしたアーネストリーは、インから2番手追走。落ち着いた流れで、アーネストリーにとっては、まさに絶好の展開となりました。1番人気のブエナビスタもラチ沿いで好位を追走...

Read more

【競馬予想】第51回 宝塚記念

ディープインパクト産駒、勝ちましたね!今日の福島5Rのメイクデビューで蛯名騎手騎乗のサイレントソニック(美浦・国枝)が、勝利。ディープインパクト産駒のJRA初勝利となりました。強烈な末脚で追い込む父とは違い、逃げての勝利。まあ、小回りの福島ですからね。ゴール前は、持ったままと余裕を見せていましたし、次走も楽しみですね。さて、明日は上半期最後のG1宝塚記念。終わりよければ全てよし!・・・となればいいのですが。...

Read more

【POG 10-11】気になるキングカメハメハ産駒

前回のPOGの時は、キングカメハメハ産駒を指名すべきかどうか、かなり悩みました。そんなに走るイメージが無かったので。しかし、結局ローズキングダムとトゥザグローリーという2頭のキンカメ産駒を指名。特にローズキングダムはG1の朝日杯FSを勝つなど、結果的に大活躍をしてくれました。ということで、今回のPOGでは、迷わずキンカメ産駒を指名しようと思います(`・ω・´)ゞ今年のダービーで5着と健闘したルーラーシップは、キン...

Read more

第51回宝塚記念枠順確定

第51回宝塚記念の枠順が確定しました。1枠 1番 イコピコ  岩田康誠1枠 2番 アーネストリー  佐藤哲三2枠 3番 ネヴァブション  後藤浩輝2枠 4番 スマートギア  和田竜二3枠 5番 ナムラクレセント  小牧太3枠 6番 セイウンワンダー  福永祐一4枠 7番 マイネルアンサー  川田将雅4枠 8番 ブエナビスタ  横山典弘5枠 9番 ロジユニヴァース  安藤勝巳5枠10番 ジャガーメイル  C.ウィリアムズ6枠11番 ト...

Read more

【レース回顧】第15回 マーメイドステークス

昨日のマーメイドS、ハナに立つと思われたブラボーデイジーがスタートで躓いてまさかの出遅れ。結局、逃げたのはセラフィックロンプ、続く2番手にブライティアパルス。私の本命テイエムオーロラは4番手となかなかいい位置取り。淡々とした流れでレースは進み、4コーナー手前になって後ろの馬の鞍上の手が動き出すものの、前の2頭はまだ余裕の手応え。直線を向いても逃げるセラフィックロンプの脚は止まるどころか、さらに後続を突...

Read more

UMAJIN POG 地獄モード指名馬アヴェンチュラ新馬勝ち!

UMAJIN POGの地獄モードで指名したアヴェンチュラ(栗東・角居)が、阪神4R芝1600mのメイクデビュー阪神に出走、注目のディープインパクト産駒シュプリームギフトらを抑え、デビュー戦を見事に勝利で飾りました現在、UMAJIN POGの通常、地獄モードともにボチボチ指名しているところです。UMAJIN POGの場合、「デビューする前(既走扱いになる前)であれば取消ができます。」というルールなので、とりあえず、といった感じで気軽に指...

Read more

【競馬予想】第15回 マーメイドステークス

さあ、今日から新馬戦がスタートしました。そして、早速新種牡馬スズカマンボやスニッツェルの産駒が新馬勝ちを決めています。明日デビューのディープインパクト産駒シュプリームギフトは、果たして・・・。マーメイドSの本命は、現在3連勝中と勢いのある◎テイエムオーロラ。その3連勝も1200→1600→1800とジワジワ距離を延ばしながらのもの。この馬にとって2000mは初距離になりますが、内枠に入ってロスのない競馬が出来そうですし、血...

Read more

【POG 10-11】気になるディープインパクト産駒

今年産駒がデビューする新種牡馬の中で、最も注目を集めているのが、ディープインパクト関係者の期待を表すかのように、ディープインパクトの元には、初年度から優秀な繁殖牝馬が多数集まりました。そして、いよいよ今年デビューを果たすディープインパクト産駒たち。その中で私が一番いいと思ったのが、エアグルーヴの仔、グルヴェイグ(栗東・角居)。エアグルーヴの仔では、初仔のアドマイヤグルーヴ(父サンデーサイレンス)こ...

Read more

【レース回顧】第46回 CBC賞他

先週行われた2重賞、エプソムCとCBC賞の回顧を。まずはエプソムC。本命シルポートが単騎でハナに立ち、マイペースに持ち込む楽な展開は、まさにレース前の予想通り。他に競り掛けてくる馬もおらず、淡々とした流れになりました。4コーナーを回っても、シルポートは余力十分で、鞍上の蛯名騎手も直線で他のジョッキーの手が動きだしても、ギリギリまで追い出しを我慢していました。これはもらったか、と思ったのですが、ゴール前、...

Read more

【競馬予想】第46回 CBC賞

W杯韓国VSギリシャのゲームをTV観戦しながら、CBC賞の予想を。それにしても韓国は決定力ありますねー。明日のCBC賞は、京都競馬場芝1200mで行われます。CBC賞の本命は、最軽量ハンデの一頭◎メリッサ。前走のテレビ愛知オープンは、先行するもゴール前で力尽きて8着に終わりましたが、それは久々の分と見ます。今度は一叩きされて、もう少しいい脚が使えるはず。それに人気もしなさそうなので、ここは思い切って穴狙いで。対抗は、○...