My Sweet KEIBA

競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

CATEGORY

category: レース回顧2018  1/1

レインボーライン激戦の春天を制するも、ゴール直後に故障判明

29日に京都競馬場で行われたG1レース、第157回天皇賞(春)。激戦の春天を制したのは、ステップレースである阪神大賞典の勝ち馬レインボーラインだった。予想で本命にしていたレインボーライン。道中は折り合いに専念して脚をため、直線入口で先行集団を射程圏内に捉えるという阪神大賞典と同じような騎乗をした岩田騎手が、ゴール前できっちりとシュヴァルグランを差し切り、首差で勝利を収めた。...

オルフェーヴル産駒エポカドーロ皐月賞父子制覇!戸崎騎手の桜花賞の騎乗は何だったのか?

15日に中山競馬場で開催された皐月賞を制したのは、新種牡馬オルフェーヴル産駒のエポカドーロ。父が制した皐月賞を制し、父子制覇となった。皐月賞の枠順確定記事で、エポカドーロについて次のように書いた。他にオルフェーヴル産駒の4枠7番エポカドーロも気になるのだが、先週の桜花賞で本命にしたプリモシーンの戸崎騎手の騎乗にガッカリしたので、重い印を打つべきかどうか悩ましい。その通り予想記事でエポカドーロには押さえ...