Read more

【競馬予想】第155回天皇賞(春)

春天の本命は昨年の覇者◎キタサンブラック。外枠に入ったら他の馬を本命にしようと考えていたが、内枠に入ったので。運も味方しているし、武豊騎手は土曜の京都で3勝2着2回と絶好調。是非とも連覇して欲しい。対抗は昨年の3着馬◯シュヴァルグラン。春天連対馬が多いハーツクライ産駒。昨年の2着馬カレンミロティックもハーツクライ産駒だった。3連単の2着固定も少し買ってみたい。▲サトノダイヤモンドの強さは認めるが、外枠が気に...

Read more

【競馬予想】第24回テレビ東京杯青葉賞

青葉賞の本命は大寒桜賞勝ち馬◎アドマイヤウイナー。手元にある『金満血統王国年鑑 for 2017 (サラブレBOOK)』で大臣が「これで大寒桜賞勝ち馬は3年連続で青葉賞2着です。大寒桜賞と青葉賞の相性がいいという話も毎年してるのに、なかなかわかってもらえないなあ(笑)。」と言っているので、ここは素直に大寒桜賞勝ち馬を本命にしてみる。アドマイヤウイナーは東京は初めてだが母父ダンスインザダークだし、前走の勝ちっぷりを見...

Read more

【競馬予想】第48回読売マイラーズカップ

マイラーズCの本命は武豊騎手騎乗の◎エアスピネル。京都コースと相性が良く京都の芝マイルで2戦2勝、デイリー杯2歳Sと京都金杯を制している。ここは人気でも。対抗は◯ブラックスピネル。エアスピネルとは好勝負を繰り広げている。▲プロディガルサンは東京新聞杯では2着に入りエアスピネルに先着している。3歳ではクラシックを意識して長い距離を使われていたが、マイルが合うのかもしれない。勝ち切れないレースが続くか大きく崩れ...

Read more

【競馬予想】第52回フローラステークス

フローラSの本命は前走未勝利勝ちの◎レッドミラベル。東京芝2000mで逃げて2着に粘った新馬戦も悪くなかったが、大外枠に入った前走の中山芝1800mの未勝利戦では道中、中団に控えて3〜4コーナーでじわじわと押し上げ、4コーナー手前からは鞍上のデムーロ騎手が1発、2発とムチを入れ追うと、直線で先頭に立ち2着馬に3馬身半差をつけて圧勝した。舞台は再び東京に戻るが、あの末脚が使えれば十分勝負出来る。対抗は好調田辺騎手騎乗の...

Read more

【競馬予想】第77回皐月賞

皐月賞の本命は枠順確定の記事で気になっていると書いたステイゴールド産駒◎ウインブライト。前走のスプリングSでは4コーナーで大外を回って先頭集団を射程圏内に捕らえ、直線では鞍上が追えば追うほど力強く伸びた。これまで1800m以下の距離しか経験がないが、前走の走りを見る限り距離は延びても大丈夫そう。本日、中山で行われた芝2000m(4R)と芝1800m(9R)のレースのいずれもステイゴールド産駒が勝っている。しかも4Rでは1...

Read more

【競馬予想】第77回桜花賞

桜花賞の本命は◎アドマイヤミヤビ。3走前の阪神マイルの未勝利戦で見せたハーツクライ産駒らしい追えば追うほど伸びる末脚は、ハマれば一気に突き抜ける可能性を秘めている。今回初コンビだが、追えるデムーロ騎手にも合いそう。ジュエラーで追い込んで勝った昨年の桜花賞が思い浮かぶ。ソウルスターリングを負かせる可能性があるとすればこの馬か。対抗は無敗の◯ソウルスターリング。休み明けのチューリップ賞も危なげのない競馬...

Read more

【競馬予想】第61回大阪杯

大阪杯の本命は◎キタサンブラック。昨年のこのレースではゴール前でアンビシャスに差されて2着に敗れたが、2キロの斤量差もあった。今回はロードヴァンドール、マルターズアポジーなど他に行きたそうな馬もいるが、自ら逃げなくても2〜3番手でもレースを進められるし、速い流れになった方が切れ味勝負になるよりは良さそう。それに同じ休み明けでも今年はG1なので、昨年よりは気合いを入れて仕上げてきているはず。対抗は昨年の勝...

Read more

【競馬予想】第47回高松宮記念

高松宮記念の本命は◎ソルヴェイグ。前走のシルクロードSでは逃げて最後は一杯になって6着に敗れた。土曜の中京の芝のレースを見ると、逃げ・先行馬が簡単には止まらない様子。前で競馬が出来るこの馬にチャンスがありそう。昨年は3歳牝馬ながらスプリンターズSで先行して3着と健闘。しかも直線では内で窮屈になりながらも怯まない勝負根性も見せた。2014年の高松宮記念を制したコパノリチャードはダイワメジャー×トニービン、ソル...

Read more

【競馬予想】第64回毎日杯

毎日杯の本命は◎プラチナムバレット。全3戦のうちの2戦が阪神芝1800mで、新馬勝ちと前走の500万円以下で2着に入っている。その前走はゴール前クリアザトラックとの叩き合いに敗れてハナ差の2着に敗れたがインからよく伸びていた。逆転は可能。対抗は◯クリアザトラック。▲サトノアーサーの前走きさらぎ賞の敗因は馬場か。良馬場なら。△ガンサリュートは前走の京成杯では上がり最速の末脚で追い込んだがクビ差届かず2着。阪神芝1800m...

Read more

【競馬予想】第65回日経賞

日経賞の本命はステイゴールド産駒◎レインボーライン。菊花賞で2着に入っているようにスタミナに問題はない。中山コースを走ったのは5着に入ったマイルのニュージーランドトロフィーのみだが、ラチ沿いから器用にコーナーを回ってゴール前もよく伸びていたようにコースも合うはず。明け4歳の若さと2キロの斤量差でゴールドアクターを負かしたい。アーリントンCを勝ったデムーロ騎手と再びコンビを組むのも心強い。対抗は◯ゴールド...