Read more

【レース回顧】第72回桜花賞他

期待していたPOG馬2頭、ニュージランドTのオリービン、桜花賞のジョワドヴィーヴルでしたが、共に敗れてしまいました(´;ω;`)では、桜花賞の回顧から。先行争いが激しくなるかと思ったのですが、外からアラフネがハナに立ってしまうと比較的流れが落ち着きましたね。桜花賞らしくもっとガンガン行くのかと思いきや意外とあっさり。以下マイネエポナ、エイシンキンチェムと続く。さて、そうなると、後方待機のジョワドヴィーヴル...

Read more

【レース回顧】第60回阪神大賞典他

先週の競馬は、何と言っても阪神大賞典のオルフェーヴルでしょう。印象的というか衝撃的というか。まあ、私はオルフェの単勝やオルフェ頭の馬券を買っていたわけじゃないから、そんなこと言っていられますが、オルフェ頭の馬券を買っていた方にしてみれば、不満の残るレース内容だったでしょうね。その阪神大賞典、レース序盤のペースを握ったのはリッカロイヤル。直後にビートブラック、さらに最内枠のギュスターヴクライが続く。...

Read more

【レース回顧】第29回フェブラリーステークス他

先週のG1フェブラリーSは、断然の1番人気トランセンドが7着に敗れるという波乱の結果に。競馬に絶対はない。それは分かっていますが、まさか掲示板を外すとは…。レース後の藤田騎手のコメントを見ると、行く気はあったようですが、行き脚がつかなかったようです。確かに外枠から好スタートを切るまでは良かったものの、藤田騎手が押してもなかなか前に行けない様子でした。そうこうしているうちにハナに立ったのは人気薄のセイクリ...

Read more

【レース回顧】第105回京都記念他

京都記念は武豊騎手がやってくれました!馬券が当たったのはもちろんですが、やはり武豊騎手の馬を本命にして勝ってくれると嬉しさ倍増です。その京都記念。武豊騎手騎乗のトレイルブレイザーは内から好スタートを決めると、馬の行く気に任せて前へ。すると外から押してスイートマトルーフがハナを奪い、2番手にリッツィースター。トレイルブレイザーは前の2頭から少し離れた3番手を追走。平均ペースで流れ、少頭数ながら縦長にバ...

Read more

【レース回顧】第52回きさらぎ賞他

UMAJIN POGの指名馬ワールドエースが先週のきさらぎ賞を快勝しました!本命にしたものの、正直、若駒の敗戦でワールドエースの能力を若干疑っていました。きさらぎ賞ではじっくりと中団で脚をため、4コーナーで大外に持ち出し直線に入ったところで前にいたマジカルツアーと接触しそうになったのか、大きく外によれたので、大丈夫か?と思いました。しかし、いざ追い出されてからの末脚は鋭く、一瞬ヒストリカルに詰め寄られそうに...

Read more

【レース回顧】第52回京成杯&第59回日経新春杯

京成杯を勝ったのは、ディープインパクト産駒のベストディール。平均ペースで流れたレースをハナに立って引っ張ったのは、レッドシャンクス。好位追走していた1番人気のアドマイヤブルーが直線でレッドシャンクスを交わして先頭に立つも、外から鋭い末脚で追い込んできたベストディールにあっさり交わされてしまいました。さらに大外からマイネルロブストがベストディールを強襲するも半馬身及ばず2着まで。マイネルロブストには切...

Read more

【レース回顧】第28回フェアリーステークス他

中山、京都の東西金杯とシンザン記念、フェアリーSのレース回顧を。まずは、1月5日に行われた中山金杯。私の本命は連勝記録をどこまで伸ばすのか注目を集めた1番人気のアドマイヤコスモスでした。しかし、そのアドマイヤコスモスは他馬が仕掛けてペースを上げる3コーナーでなぜか後退。これはおかしいと思ったのですが、やはりレース中に故障を発生していたようです。アドマイヤコスモスに気を取られていたため、気付いたらフェデ...