My Sweet KEIBA

競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

Top page  1/119

【競馬予想】第54回デイリー杯クイーンカップ

クイーンCの本命は、ディープインパクト産駒◎マジックリアリズム。2走前の未勝利戦では上がり最速33.9秒の脚を使ったが、ゴール前では内から先に抜け出した勝ち馬と同じ脚色になり2着に敗れた。前走の未勝利戦ではゴール前で激しい叩き合いを首差で制した。着差は首差だが、3着以下には3馬身以上の差を付けた。今度も外から気分良く差し切りたい。対抗は阪神JF2着の○クロノジェネシス。前走の阪神JFでは勝ち馬を差し切れはしなかっ...

【競馬予想】第69回東京新聞杯

東京新聞杯の本命は最内枠のディープインパクト産駒◎サトノアレス。3頭出しの藤沢厩舎の人気薄。昨年に限れば安田記念で4着、東京新聞杯で2着と東京の芝のマイル戦では勝ちきれないが決して悪くない成績を残している。しかし、その2レース、いずれもスタートが良くなかった。安田記念などは1枠2番だったが出遅れて後方からのレースになり4コーナーで外を回して直線大外から追い込む形になった。勝ち馬モズアスコットと同じ最速の上...

【競馬予想】第56回愛知杯

牝馬限定のハンデ重賞・愛知杯。本命は連勝と勢いのある4歳馬◎ウラヌスチャーム。ローズSでは最後方から大外を回って追い込んでの5着。ローズS上位組が秋華賞でも好走したことからも同世代では力はあるはず。その同世代のノームコアが気になるが、ハンデ53キロなら55キロのノームコアに勝てるのでは。初重賞制覇を狙う。対抗は○ノームコア。掲示板を外したことのない堅実さ。エリザベス女王杯でも5着と好走。6歳馬▲コルコバードは...

【競馬予想】第66回日経新春杯

2019年最初の予想記事は日経新春杯から。本命は武豊騎手とメイショウのコンビ◎メイショウテッコン。近走は松山騎手が手綱を握っていたが、満を持しての武騎手×メイショウ。武騎手はメイショウテッコンに一度騎乗している。それが昨年1月の京都芝2400mの梅花賞で見事勝利している。今回は同じ京都芝2400m。しかも同じ1月開催。ブリンカー装着馬で揉まれたくないタイプだと思うがロードヴァンドールが逃げるようなら6枠と比較的外の...

【競馬予想】第35回ホープフルステークス

バタバタしていて有馬記念の予想記事は書けなかったけど馬券はちょっとだけ買ってました。無印のブラストワンピースに勝たれて外れました…。有馬記念で締めという気持ちでいるので年内にまだ中央G1があるというのがなんだか不思議。さて、ホープフルSの本命は、有馬記念で無印にしたブラストワンピースと同じハービンジャー産駒◎ニシノデイジー。札幌2歳S、東スポ2歳Sと重賞連勝中だがそれでも1番人気と離れた2番人気なのは勝ち方...

【競馬予想】第70回阪神ジュベナイルフィリーズ

阪神JFの本命は穴狙いで8枠のスクリーンヒーロー産駒◎トロシュナ。新馬戦の新潟芝1600mを後方追走、直線で外から鮮やかに差し切り、2着に3馬身差を付けて快勝した。前に行きたそうなダイワメジャー産駒が何頭かいるし、そこそこペースが速くなるのでは。そうなればロベルト系のスクリーンヒーロー産駒のトロシュナがサンデー系を負かすチャンス。今回も外からの鮮やかな差し切りを期待。対抗はディープインパクト産駒○ダノンファン...

【競馬予想】第38回ジャパンカップ

ジャパンカップの本命は3冠牝馬◎アーモンドアイ。距離が長いのではないかと思ったオークスをあっさり勝たれてしまった。出走古馬に絶対的な存在が見当たらない今年のJCなら53キロと斤量も有利な3歳牝馬の勝利があっても不思議ではない。牝馬特有の切れ味で牡馬を蹴散らす。対抗は○サトノダイヤモンド。前走の京都大賞典は1年7ヶ月ぶりの勝利。ようやく復調の兆しが見えた。モレイラ騎手との新コンビにも期待。凱旋門賞5着の▲カプリ...

第38回ジャパンカップ枠順確定!

25日に東京競馬場で行われる第38回ジャパンカップの枠順が確定しました。1枠 1番 アーモンドアイ   C.ルメール2枠 2番 ハッピーグリン   服部茂史3枠 3番 サトノダイヤモンド J.モレイラ3枠 4番 サトノクラウン   W.ビュイック4枠 5番 ミッキースワロー  横山典弘4枠 6番 サンダリングブルー F.ベリー5枠 7番 サウンズオブアース 田辺裕信5枠 8番 キセキ       川田将雅6枠...

【競馬予想】第35回マイルチャンピオンシップ

マイルCSの本命は1枠1番◎ステルヴィオ。皐月賞4着、ダービー8着とクラシックでは結果を残せなかった。前走の毎日王冠では直線外から追い込んで2着。また、G1朝日杯FSでも2着に入っている。適距離は1600〜1800m辺り、ギリギリ2000mまでか。今回はひと叩きの上積みも期待できる。土曜のレースが終わった時点ではまだ未勝利のビュイック騎手だが、いきなりのG1制覇があるかもしれない。対抗は大外枠8枠18番に入ったディープインパクト...

【競馬予想】第23回東京スポーツ杯2歳ステークス

東スポ杯2歳Sの本命はディープインパクト産駒◎ダノンラスター。前走の新馬戦は東京芝2000m。ゆったりとしたペースを好位で追走、直線残り400mで鞍上のモレイラ騎手が追うと一気に加速。先頭に立ってそのままゴールまで押し切った。今回は1800mと前走より距離が短くなるし前に行きたそうな馬が何頭かいるので前走ほどゆったりとした流れにはならないかもしれないが、それでもそこまで厳しい流れにはならないと見て、この馬の一瞬で...