My Sweet KEIBA

競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

Top page  1/112

【競馬予想】第53回サンケイスポーツ賞フローラステークス

フローラSの本命はハーツクライ産駒◎オスカールビー。東京芝1800mの新馬戦で3着になった後、2走目の小倉芝2000mの未勝利戦で勝ち上がった。どちらのレースでも長くいい脚を使っている。母リキセレナードはスイートピーS2着馬。父ハーツクライで距離は問題ない。今回は1枠2番と内枠に入ったが、前走の君子蘭賞のように直線で馬群に突っ込むよりは外から差した方が良さそうな気がするので、内枠でどう乗るのかが鍵になりそう。...

【競馬予想】第15回福島牝馬ステークス

福島牝馬Sの本命は◎ゲッカコウ。前走の中山牝馬Sでは6着に敗れたが、決してバテたわけではなく直線でジリジリ脚を伸ばしていた。今回と同じ福島芝1800mの新馬戦をまくって押し切っており、福島芝2000mの松島特別でも4コーナーで先行集団を射程圏内に入れると、直線で外から差し切った。福島では2戦2勝と好相性。長く脚を使えるタイプで、追われてもバテないタフさもある。ここはチャンスか。...

オルフェーヴル産駒エポカドーロ皐月賞父子制覇!戸崎騎手の桜花賞の騎乗は何だったのか?

15日に中山競馬場で開催された皐月賞を制したのは、新種牡馬オルフェーヴル産駒のエポカドーロ。父が制した皐月賞を制し、父子制覇となった。皐月賞の枠順確定記事で、エポカドーロについて次のように書いた。他にオルフェーヴル産駒の4枠7番エポカドーロも気になるのだが、先週の桜花賞で本命にしたプリモシーンの戸崎騎手の騎乗にガッカリしたので、重い印を打つべきかどうか悩ましい。その通り予想記事でエポカドーロには押さえ...

【競馬予想】第78回皐月賞

皐月賞の本命は、迷ったけれど◎グレイル。実はnetkeibaPOGで指名しているPOG馬だったりする。本命にした理由は、POG馬だからではない。前走の共同通信杯でも本命にしたのだけれど、1番人気に推されながら7着に敗れた。その前走で末脚不発に終わったのは、流れが向かなかったのでは。明日は前に行きそうな馬が数頭いるし、速い流れになりそう。京都2歳Sでは同じハーツクライ産駒で後にG1ホープフルSを制するタイムフライヤーを差し...

【競馬予想】第27回アーリントンカップ

アーリントンCの本命は◎エアアルマス。予定していたシンザン記念を左後肢跛行のため取り消した。その影響が気になるところではあるが、前走の阪神マイルの未勝利戦の勝ちっぷりは、それでも◎を打ちたいと思わせる内容だった。余裕の手応えで4コーナーを回ると、鞍上のルメール騎手が鞭を入れることなく軽く追っただけで、2着馬に4馬身差をつけての圧勝。2着に敗れた新馬戦では直線で前が壁になって追い出しが遅くなったが、抜け出...

第78回皐月賞枠順確定!

15日に中山競馬場で行われる第78回皐月賞の枠順が確定しました。1枠 1番 タイムフライヤー  内田博幸1枠 2番 ワグネリアン    福永祐一2枠 3番 ジャンダルム    武豊2枠 4番 スリーヘリオス   柴田善臣3枠 5番 キタノコマンドール M.デムーロ3枠 6番 アイトーン     国分恭介4枠 7番 エポカドーロ    戸崎圭太4枠 8番 ケイティクレバー  浜中俊5枠 9番 オウケンムーン   北村宏司5枠10番 ジ...

【競馬予想】第78回桜花賞

桜花賞の本命はディープインパクト産駒◎プリモシーン。前走のフェアリーSでは2着のスカーレットカラーが4コーナーでムチを入れながら追われていたのに対し、勝ったプリモシーンは余裕の手応え。着差以上の強い内容だった。その前走は7枠だったが、今回も同じ7枠。内でごちゃつくよりも前走同様外からラッキーライラックなど内の人気馬の様子を見ながらレースを進められるのも好材料。気掛かりは2016年のヴィクトリアマイル以来G1勝...

【競馬予想】第36回ニュージーランドトロフィー

ニュージーランドトロフィーの本命は◎ラムセスバローズ。新馬から芝、ダート、ダート、芝と使われてきたが、芝とダートの両方で勝っている。前走は3歳500万円以下の中山芝1600mで勝利。その前走だが、4コーナー手前で中団から好位に捲るように上がって行って、そのまま差し切った。2着馬との着差は3/4馬身だが、それ以上に強い内容だった。ここ3戦コンビを組んできたルメール騎手から内田博幸騎手への乗り替わりがどうかだが、前走...

第78回桜花賞枠順確定!

本命馬が悉く2着だったとはいえ、フェブラリーS、高松宮記念、大阪杯と今年に入ってからのG1予想が的中しているので、このまま桜花賞予想も的中させたいところだけど、逆にそろそろ外れそうな予感。8日に阪神競馬場で行われる第78回桜花賞の枠順が確定しました。1枠 1番 ラッキーライラック 石橋脩1枠 2番 アマルフィコースト 浜中俊2枠 3番 リバティハイツ   北村友一2枠 4番 アンコールプリュ  藤岡康太3枠 5番...

【競馬予想】第62回大阪杯

ダービー卿CTで本命にしたミュゼエイリアンは16着と最下位に終わってしまいました。先行勢から唯一キャンベルジュニアが2着に粘りましたが、逃げ・先行馬にとって厳しい展開になってしまいました。大阪杯の本命は◎ペルシアンナイト。1番人気に推された前走の中山記念はスタートで出遅れ最後方からの競馬。4コーナーで大外を回って上がり最速の末脚で追い込むも5着に入るのが精一杯だった。その前走の負けもあって、今回は人気を落...