Read more

【競馬予想】第64回日経新春杯

日経新春杯の本命は◎カフジプリンス。菊花賞では3番人気に推されながら8着に敗れた。しかし、その菊花賞では直線でごちゃつく馬群の中に閉じ込められ満足に追えていなかった。前走は久々の影響か直線でエンジンがかかるまでに時間がかかったが、そこからは楽に前を捕らえた。一叩きでの上昇に期待。鞍上には一度コンビを組んで勝っている福永騎手。ハンデも54キロなら。対抗は菊花賞5着の◯ミッキーロケット。菊花賞以来のレースと...

Read more

【競馬予想】第57回京成杯

京成杯の本命は前走ホープフルSの◎マイネルスフェーン。新馬戦こそ5着だがその後の6戦は全て3着以内。4走前の中山芝2000mの未勝利戦では大外から追い込んだものの届かず3着だったが、その末脚は見所十分だった。逆に前走は直線で内の狭い所を突いて2着に入った。内枠に入った今回前走のように器用に立ち回れば勝機はある。一つ気掛かりなのは前走インを突いたのはシュミノー騎手で今回は柴田大知騎手に手綱が戻る点。昨年、一昨年...

Read more

【競馬予想】第54回愛知杯

愛知杯の本命は◎プリメラアスール。前走のエリザベス女王杯では14番人気と人気薄ながら逃げて5着と健闘した。2走前のムーンライトハンデキャップもハナは譲ったものの早めに先頭に立ち、先頭に立ってからの粘りがすごかった。今回は他にハナを主張しそうな馬も見当たらず、この馬が逃げることになりそうな気がする。ハンデは52キロと手頃だし逃げ切り勝ちが十分狙える。対抗は大外枠に入った◯ダイワドレッサー。前走はペースが速く...

Read more

2016年度JRA賞 年度代表馬はキタサンブラック!

昨日2016年度JRA賞の年度代表馬および競走馬各部門の受賞馬が発表されました。年度代表馬は291票中134票を獲得したキタサンブラック!キタサンブラックの2016年度の成績は6戦3勝。そのうちの2勝はG1の天皇賞(春)とジャパンカップ。個人的には鮮やかに逃げ、2着馬に2馬身半差を付けてその強さを見せつけたジャパンカップでの勝利が強く印象に残っています。関係者のコメントは以下の通り。馬主:(有)大野商事 北島 三郎氏この...

Read more

【競馬予想】第51回日刊スポーツ賞シンザン記念

本命はディープインパクト産駒の◎アルアイン。京都マイルの新馬戦を勝ち無敗の2連勝。新馬戦は外から差し切り、前走は最内から突き抜けた。POG馬ということもあり、ここはあっさりと勝って欲しい。対抗はデムーロ騎手騎乗の◯ペルシアンナイト。ミッキーアイルの半弟▲タイセイスターリー。新馬戦の勝ちっぷりが良く、マイルでもいけるだろうと期待した前走のデイリー杯2歳Sでは1番人気を裏切り8着と惨敗した。しかし、再度期待して...

Read more

【競馬予想】第33回フェアリーステークス

フェアリーSの本命は◎ヒストリア。前走アルテミスSでは7着に敗れたが、勝ったリスグラシューは阪神JFで2着に入った。そのリスグラシューとヒストリアはどちらもハーツクライ産駒だがタイプは違うようだ。ヒストリアはレースの上がりが速かったアルテミスSでは末脚の切れ味が及ばなかったが、中山マイルの新馬戦で快勝したように直線ヨーイドンになりにくい中山マイルで見直してみたい。対抗は前走中山マイルのサフラン賞で2着の◯ア...

Read more

第51回シンザン記念&第33回フェアリーステークス枠順確定

8日に京都競馬場で行われる第51回日刊スポーツ賞シンザン記念の枠順が確定しました。1枠 1番 ミルトプリンス   古川吉洋2枠 2番 ブレイヴバローズ  和田竜二2枠 3番 メイショウソウビ  武幸四郎3枠 4番 テイエムアニマンテ 松若風馬3枠 5番 ペルシアンナイト  M.デムーロ4枠 6番 ブラックランナー  幸英明4枠 7番 アルアイン     V.シュミノー5枠 8番 トラスト      柴田...

Read more

【競馬予想】第55回スポーツニッポン賞京都金杯

京都金杯の本命は武豊騎手騎乗の◎エアスピネル。同世代のライバルの1頭であるサトノダイヤモンドが古馬相手に有馬記念を制したことで、この世代の強さを証明してくれた。京都のマイルはデイリー杯2歳Sを圧勝している。勝ちきれないレースが続いたが、この距離短縮がキッカケになれば。対抗は◯ガリバルディ。マイルCSでは大外からの追い込みは届かなかったものの上がり最速の末脚は光るものがあった。ルメール騎手への乗り替わりに...

Read more

【競馬予想】第66回日刊スポーツ賞中山金杯

2017年最初の重賞予想。ビシッと当てて良いスタートを切りたいところです…と毎年言っているような(笑)中山金杯の本命はステイゴールド産駒◎ツクバアズマオー。中山芝2000mで6戦3勝2着2回と好成績。ダノンメジャー、あるいはマイネルフロストあたりがレースを引っ張りそれなりの流れになればこの馬の末脚が活きる。対抗は昨年2着の◯マイネルフロスト。前に行ってどこまで粘れるか。3連勝と勢いのある▲ストロングタイタン。54キロ...

Read more

3歳馬サトノダイヤモンドが古馬を破って有馬記念を制する!

2016年の中央競馬を締め括るG1レース有馬記念。逃げるであろうと思われたマルターズアポジーがその通りに逃げたのだが、後続を離して逃げてくれたおかげでキタサンブラックにとってはストレスなく走ることの出来る願ってもない流れとなった。キタサンブラックを本命にしていた私はこのまま行ければと思っていたのだが、中団に控えていたサトノノブレスが3コーナー辺りで前に上がって来てキタサンブラックにプレッシャーをかける。...